コロナと生きる (朝日新書) (Japanese Edition) Review ✓ 2

Review コロナと生きる (朝日新書) (Japanese Edition)

コロナと生きる (朝日新書) (Japanese Edition) Review ✓ 2 ¹ ✪ [PDF] ✐ コロナと生きる (朝日新書) (Japanese Edition) By 内田 樹 ✷ – Dcmdirect.co.uk Amazing Books, コロナと生きる (朝日新書) (Japanese Edition) by 内田 樹 This is the best favorite b? Japanese Edition by 内田 樹 This is the. 日頃から内田さん、岩田さんの両方のTwitterを拝見し、岩田さんのコロナに関する本では日本のコロナ禍初期の「コロナウイルスの真実」を読んでいた。この本は、5月、6月、7月の3回のお二人の対談をまとめた本。お二人とも神戸が拠点である。読み始めてしまえばさらっと読めてしまう。読んだのが10月だったので、コロナに関することは春先から散々テレビ・ラジオ・新聞で触れてきたことの復習のようであり、ほんの数ヶ月の間に人が受け取る周りの風景や雰囲気はころころ変わっていくせいか、お二人の会話で語られるその時の状況が懐かしく感じるところもあった。それだけに、この本で後々読み返しても興味深いと思える部分は、日本社会について、時にアメリカなどと比較して論じられたところになると思う。特に新鮮で印象に残ったところは、海外の病院での勉強や臨床の権限がある岩田さんが、アメリカ社会で例えば医療にまつわる課題を議論する時に、いろんな角度から公平にテーブルの上に並べて議論をしているなんてことはそうなくて、すっぽ抜ける部分があるというところなど。ご自身の専門にとどまらず早いペースで著書を出している岩田さんだが、緊急出版だったコロナウイルスの真実もだが、子供の頃から頭の回転が良い褒められるタイプというわけではなかったようで、本作でも「自分はセルフエステーム(自尊心か)が低い」と書いているところが意外に感じた。その自らの経験からの感じ方の上に立脚した人権意識には敬服している。

Read & download Ø PDF, DOC, TXT, eBook or Kindle ePUB free Ý 内田 樹

Amazing Books コロナと生きる 朝日新?.  殆んど一気に読んでしまえるほど読み易く、また人類共通の課題なので否応なく引き込まれてしまいました。冒頭から政府のコロナ対策のカラクリや、その顛末の裏事情をサラリと看破し、評価や原因を淡々と語り合っておられ「そんな事情だったのか!」と一読者としては、目から鱗が落ちて付箋だらけになってしまいました。今まさに継続中の問題を、五、六、七月、と三回の対談で時系列で振り返る事が出来、TVのワイドショーでさんざん不安を煽られまくったことがバカらしく思えるほど論理的、知的に自分のペースで理解できます。また、その情報量も多岐に渡り新たな知識も得る事が出来ました。各対談とも、コロナベースに政治や社会の在り方まで自由に語って、ワクチンについての情報や日本人の同調圧力傾向の根源にまで話は及び、岩田先生の最新医療情報は言わずもがな、内田先生の深い知見や鋭い指摘はこの本でも顕在でした。 私見ですが、知識人や一般人問わず、資本主義の枠で考え育った者は誰でもコロナに対する持論を、年齢を関係無く持っていると思いますが、もしその人が国の重要ポストに就いていたら周囲の空気により、国民性が滲み出て今回の政府判断と同じ様な決断を下すのではないかと感じます、、著者達のような群れるのが嫌いな方がこんな時はリーダーに向いているのかもしれないと思いました。 

内田 樹 Ý 2 Read

コロナと生きる 朝日新書 Japanese EditionBest favorite book with over readers online her. この時期に有益な対談