Summary Ó もう終わりにしよう。 (ハヤカワ・ミステリ文庫) (Japanese Edition) ↠ eBook PDF or Kindle ePUB

イアン リード ¹ 7 Read & Download

Summary Ó もう終わりにしよう。 (ハヤカワ・ミステリ文庫) (Japanese Edition) ↠ eBook, PDF or Kindle ePUB Ý ❰PDF / Epub❯ ☆ もう終わりにしよう。 (ハヤカワ・ミステリ文庫) (Japanese Edition) E Edition Author イアン リード This is very good and a main topic to read th. 読んでいて不快になる作品でした。著者(と訳者)が意図的にやっている(そのような翻訳の仕方をしている)のはわかるのですが、厨二病の人の書いた御託を読まされているようで、非常につらかったです。わざとそう言う書き方をしているとわかっていても描写が気持ち悪いです。訳者はあとがきでストーリーについて様々な解釈ができるとも書かれていますが、一般的な解釈をすればオチに意外性はなく、思った通りのオチでした。だからこそ、違う解釈ができるはずと考えたい読者がいるのかもしれませんが、それは深読みしすぎではないでしょうか。よくできた小説だとは思いますが、生理的に受け付けないタイプの内容だったので、星は 2しました。

Summary ò eBook, PDF or Kindle ePUB ¹ イアン リード

Best ePub もう終わりにしよう。 ハヤカワ・ミステリ文庫 Japanes.  「もう終わりにしよう I'm Thinking of Ending Things」(イアン・リード 早川書房)を読み終えました。短い長編ですから、あっさりと読み終えることができます。 <わたし>は、恋人のジェイクを連れて、何かを終わらせるため(二人の関係を終わらせるために?)ジェイクの実家の農場を訪ねることにします。農場までの道すがら、(舞台は、米国であればミシガン、インディアナ、オハイオあたり、カナダであれば湖を挟んだその反対側)行けども行けども景色の変わらないドライブの間、二人の会話が続きますが、読ませます。哲学的で、多くの示唆があって、そしてそれらの断片が、ラストまでの間に何回か繰り返されます。私は普通の笑スリラーの読み手ですから、二人が農場に到着し、でもきっとジェイクの両親は現れないはずだと思い込みました。以降のストーリーは書かないつもりですので、ご心配なく。 40マイル走っても目に見える景色の変わらない大地。事前にガソリン・スタンドがあるのかどうかを確認しておくべきハイウェイ。安らぎは、タイニー・ハウス、ブランコ。ほっとするデイリー・クイーンの赤い看板笑そして、聞こえるハンク・ウィリアムスのHey Good Looking。 Netflixで映画化されるそうですので、そちらの方に実は興味がありますね。この小説自体は、ジェイクの言葉を借りれば「考えはごまかせない」分、人が様々な解釈を得られるよう、限りなく具象化された「舞台」、「アイテム」、「行為」を差し出していて、それらがダイナミックなメタファーをもたらし、読者に明らかな混乱を生み出していて、おそらくそれが作者がこの小説を書いた一つの目的なのかもしれません。映画であれば、ひとまず目に見える分、恣意的ですから、その作品自体がいいものなのか悪いものなのか、何らかの答えが出せるような気がします。 「あなたは善い人間、それとも悪い人間?」と問われた時に、この小説から得られる答えは、やはりどちらかわからないということになるのかもしれません。勿論、内心、自分ではとても善い人間だと思っているのですが笑 ユニークな作品だと思います。「定義上、すごくユニークなどというものはあり得ない」というジェイクの言葉に従って。

Free read もう終わりにしよう。 (ハヤカワ・ミステリ文庫) (Japanese Edition)

もう終わりにしよう。 ハヤカワ・ミステリ文庫 Japanese EditionE readers are very amazed and always take inspiration from the contents of the boo.  二度読み必至のスリラーとあるように、最後まで読んでみて、振り返るとこの物語の意味が何となくわかるような仕掛けになっているサイコものスリラー。巻末解説も含め、あまり説明を読まずにとにかくこのあまり厚みのない本に取り組んでみるとよいのだろう。 一言でいえば奇をてらっている。読書中にあまりいい印象を持てずに終始した作品なので、最後に仕掛けがわかっても、読書自体はあまり楽しめなかったかな、との印象が強く残る。 なあんだ、そういうことか、とわかった時にも何故かすっきしりない。作中に、誰かわからない人物の会話がフォントを変えて挿入され、その中でとても気持ちの悪い残忍な異常事件を彼らは振り返っている。その意味も章もすごく短いために忘れてしまいそうな言葉たち。後でその部分だけでも読み返すと、なるほどな、となる。ことによると振り返っても未だわからなかったりするかもしれない。 一人称の独白文体の持つ罠を使ったミステリーというのはままあると思うけれど、ここまで仕掛けを主体にした作品は珍しいかもしれない。Netflixでチャーリー・カウフマンによる映画化が決定とされているらしいが、この作品をどのように映像化するのか、少しも思いつかない。きわめて麻薬的な映像を繰り広げるのだろうか、程度の推測しか思い浮かばない。 いずれにせよ、この奇妙な物語を読んでみてはいかがだろう。個人的には、自分の安全性を守るため、この作品がおすすめですとは言えない。自分が相当に変わった趣向の持ち主だと思われないために、この読書後の感想は、作品同様、謎のままにとどめておこうと思う。