Summary 受験と進学の新常識―いま変わりつつある12の現実―(新潮新書) (Japanese Edition) ☆ eBook ePUB or Kindle PDF


Free download 受験と進学の新常識―いま変わりつつある12の現実―(新潮新書) (Japanese Edition)

Summary 受験と進学の新常識―いま変わりつつある12の現実―(新潮新書) (Japanese Edition) ☆ eBook, ePUB or Kindle PDF è ❴PDF❵ ✈ 受験と進学の新常識―いま変わりつつある12. 私大文系は、入り方いろいろで大学名による括り、ランキング等は意味ない。受けてもいない一般受験で偏差値ランキングは、詐欺?で偽造表示と言えよう。なぜ、マスゴミは都合の悪いことを報道しないのか? マスゴミOBが多い大学に忖度?偏差値の数値の出し方自体?で当てにならない。インチキで意味ない。名門麻布高校出身でリクルートの人材プロフェッショナル海老原氏が書いた名著『学歴の耐えられない軽さ 』に、推薦・偏差値操作等その辺りを詳しく書いてあるのでご参考に。実態を暴露した名著なので、新常識なら、この本より読むといいと思う。高偏差値を装うマンモス私大は偏差値60と偏差値35が同じ大学、学部に入学し同居し、大半がその低い方である実態。AOや推薦ばかりで学科試験免除で 学費担保&一般枠を減らす為(偏差値操作)低レベル数合わせ入学者が大半そもそも偏差値の出し方自体が、デタラメで信憑性がないし、一般試験を経た入学者は少ない。偏差値表示詐欺と言われる状態。「○○○大学 偏差値操作」「○○○大学 指定校推薦 実態」等で検索果汁10%のジュース(残り8~9割は、そこら辺の水道水で水増し。)それを高偏差値ジュース100%とPRしている有名私大。偏差値という指標は、私大文系は学力水準を表すのに既に有名無実になっている(多くが一般受験受けて入学していない)。実態を表す新しい指標が必要である。私大はマスゴミOBが多い大学が、母校偏向で作ったイメージ&、広告宣伝だけで実態は大差ない。「深田 萌絵」で アマゾンで検索 2か月で Fランから 早稲田政経(整形?)学部 簡単 AO 合格体験記在り。読者レビューだけでも ご参考にちょっとかわいいと大学イメージアップの為?簡単にAOで合格が実態か?今や入学者の大半を占めるAO、お客様指定校推薦入学の早稲田の実態がわかる。一般受験で大東亜帝国を断念しても、数合わせが多い早稲田ならAO、お客様指定校(学費確保)推薦で簡単合格のケース多々有り。入学者の過半を占めるAO、お客様推薦の実例である。確かに入社試験で帝京国士舘拓殖より点数低い、張ったり上手いだけの早稲○出身者が多かった。(偏差値偽装表示バレバレで笑える)フルコミッションの営業マンや、風俗スカウトマンに早稲AO、指定校推薦組は、算数など学科試験は不適でも確かに適性あるらしい。ど根性で頑張ってもらいたい。指定校推薦もある程度の高校もあれば、おバカ高校からでも簡単OKの場合もある。学費がもらえれば何でもいいのか?とは思いたくないが、コピヘでも博士。何でもありの大学。そういった早稲田の極端な偏差値操作に疑問(拝金主義)を感じ、早稲田なら簡単推薦合格可能なのだが、「日東駒専明青立中法 を積極的に選ぶケースも多々ある」と一流高校の先生に聞いた。私大文系は入学難易度に差がほとんどないのが実態(入り方いろいろ。偏差値デタラメ)である。マスゴミOBが多い大学が、母校偏向報道で作った大学名によるレッテル貼りでなく実際に卒業後何がしたいかで選ぶ方が、結局本人の為である。私大は、○○○大学なら、どの学部でもいい→ 新卒フリーター一直線である。大学名で 学力担保が取れているのは、難関国立大の場合のみだけある。ま、一緒に仕事して 3人おかしいのが続けば、マスゴミによる偏向報道、受けていない偏差値表による私立大学名括りやレッテル貼りが、いかに意味ないものか、ピント来ない人も腹に落ちるであろう。ちなみに、東大、京大等難関国立大で、?と思う学力の卒業生は知らない。皆優秀だった。ただ私大、特にマンモス早稲田の場合は、ほんと玉石混交で ????の方が一般的だった。必ず、出身高校チェックし、一緒に仕事、筆記試験してから判断しないと マスゴミOB偏向の取り繕ったイメージ、受けていない偏差値表で判断すると痛い目に遭う。なお、ごくごくわずかに一般組で、実態を知らないで入学してしまった人材の中には、いい人材もいた。その点は忘れずに付け加えておく。(大学以外でダブルスクール等で努力。大学での教育ではない。ごく少数の弁護士会計士合格レベルから、過半のFランレベルまで、ほんと玉石混交。平均は大東亜帝国未満)知的層で実態を知っている場合、スーフリ事件等頻発性犯罪の再発の危険やまた大久保 歌舞伎町等の近所の狭いキャンパスに大人数すし詰め状態で落ちついて勉強?中国韓国留学生も多く質の担保?である あり得ないレベルの推薦、AO入学者も多く落ち着いて勉強する環境?という懸念もあり早稲○だけは、受験を避けるのが常識らしい。ま、そんなカオス状態が好きなら志望すればいいと思う。企業での卒業生の評判も、態度が偉そうとすこぶる悪い。(中身がないにも関わらず、偉そうだという悪評)よって就職状況もあまり良くないというか、悪い。知的層が避けるのは当然であろう。劣化がひどいのが残念である。(例外としてA日や、M日新聞グループ、NHKなど、新聞記者、TV等マスゴミへの道を考える場合は、早稲○を選択した方がいいだろう。それ以外は意味??と思われる。偏向報道の手先への道か、) 偏差値操作について早稲〇は、一般枠を高偏差値に操作演出している。その為に一般枠を極端に減らす必要がある。その上、マンモス大なので、数合わせで、かなり定員をかき集めて埋めないといけない。とにかく定員を先に埋めないといけない。その為、大量の数合わせAO、推薦合格者が必要で簡単に合格できるのである。一般枠(入学者の1~2割程度らしい 極めて少数で入学した場合、実態に唖然としてやる気がなくなるそうである。高校時代には、絶対あり得ないレベルが同じ学部、学科の同級生とは。。 関係代名詞知らないレベルとは(苦笑)ありえないお客様推薦、AO、数合わせ推薦合格者ばかりで、マスコミOBや受験産業と結託したからくりに、人間不信になるらしい。系列の高校の偏差値まで巧妙に操作している?としたら唖然とする。極端な偏差値操作の為に定員の大半をお客様推薦、AOで埋めないといけない。その為に指定校推薦のレベルを広げ(下げて)ても数合わせしないといけない。また、2流の私立高校側も定員確保に必至である。そこで、大学推薦枠や提携でPR。3流高でも私立の学費を払ってきたということは、要するに4年間学費取りっぱぐれ少ないと大学は推察?。3流私立高校で中身なくても、真面目に大学に通ってくれそう?なら簡単合格するケースか。。実家が金持ちなら卒業後の寄付金も期待できるし、一石二鳥、、、ということであろうか?だから、2次方程式できない中学レベルで学科免除で推薦合格となるケースがあるのであろう。2流私立高校と大学両者のニーズが合致ということであろうか?そして大学OBマスゴミがひたすら提灯記事を書くまくり渾身の印象操作。違法ではない。うまいビジネスモデルである。学費納入が一番大切なのだろうか??疑問昔と違い、2~3流高校からもどんどん推薦合格している。学生を必死にかき集める時代へ。劣化残念である。「早稲田 コピヘ博士」で検索 何でもあり。あのノーベル賞偽造細胞騒ぎの 元博士様は 学部から大学院(約10年間早稲田にせっせと学費を払った)生粋の早稲田が育てた人材である。大学にとっては、大切な手塩をかけた学生でもあった。集大成があの博士論文と、あの観察日記は、、、うーん??ノーコメント 早稲田が10年かけて育てた人材の質の実態が露見した。騒ぎはさておき、今後の人生がんばってほしい。 早稲AOやお客様推薦組は、都内で高校偏差値40台でも合格している。合格の判断基準が不明である。(判断基準は、ちゃんと学費を払ってもらえるか?。大学のPR、イメージアップになるかであろうか?。)違法ではないが、モラル的には疑問を感じる。あざといPR営業戦略と言えなくもない。 どこの大学でも 私大は一部上位層しか一流企業の就職できない実態。マスコミが都合の良いように大学名括り、偏向ねつ造されたイメージ、大半が受けもしていない偏差値表は、全く意味をなさない。それより、中身や面倒見の良さで大学を選択したほうが賢明であろう。お客様推薦やAOで入っても、新卒フリーター、3年以内離職一直線である。甘くない。いつかインチキ バレる。奨学金の返済できず自己破産予備軍である。「AO 川成 週刊現代」でキーワード検索 ご参考 早稲○政経をはじめAOや推薦 簡単合格 及び就職できない実態を大学教教授が正直に暴露している。早慶という括りは、最近は実態にそぐわないらしい。早稲田の平均的な学力実態は、慶応と大差が付き、日東駒専明青立中法にも及ばずで「早稲田帝京国士舘拓殖」辺りが、同じ括りとして実態に即しているだろうと知人の大学関係者も話ししていた。そこまで劣化しているとは。。偏向報道と実態の乖離がすごいし、残念でならない。入学者の大半の早稲AOやお客様推薦者は、一般受験を受けたら大東亜帝国レベルも受かるか微妙なケースも多々ある。早慶の括りは既に終わり「大東亜帝国」から 「大東亜早帝国」が実態に即した括りであるらしい。教育関係者、人事担当者も一同にそう断言していた。早稲田は目先を取り繕う施策ばかりで、劣化が著しい。学生の中身がほぼ同じなら、いっそ帝京早稲田大学として対等合併し 医学部を含めたマンモス大へ道がいいかも知れない。ラグビーも強くなり、大学PRに好都合でもある。今後、大学も合併がどんどん増えるであろう。マスゴミ偏向報道で取り繕い偏差値偽造で卒業生の質は、驚くほど低い。OBの教員達も嘆いていた。(ま、マスゴミOBや、その意向を汲んでフリーライターがデタラメの記事を書きまくり フォローするであろうが、苦笑 。例えば、最近、早稲田は、AOや推薦ばっかで 実態のひどさが漏れて人気が低下しているにも関わらず、「難関大学を避け安全路線が多い」とか 嘘八百の提灯記事連発するのは爆笑するしかない。デタラメの記事を連発して、人間として情けなくないのかと思う。  )マスゴミのデタラメ広告偏向報道は既にバレて、知的層では全く信用ないということであろう。と正直に実態を書くと僻んでいるとか、言って訳 分からない逆ギレで逃げるらしい。(爆笑)ただ、受けもしない偏差値表でのPR、印象操作、マスゴミOBのよいしょ記事はインチキだと指摘しているだけである。大半が受けてもいない操作された一般受験偏差値でのPRは、詐欺偽造的行為と言えよう。ほんと情けない。AOやお客様推薦で簡単に入れる大学に誰が僻むか疑問。難関国立大や国立医学部はそんなインチキない。だから、卒業生の学力レベルも担保され優秀である。最後に改めていうと私大文系は抜け道入学も多く大学名で括りはできないし、大差はない。インチキはいつかばれる。3大マンモス大で平均学力比較すると 多少日大が一歩リードし、その下に早稲田近畿同じ が最近の実態。OBマスゴミ 受験産業の 偏向報道に欺されない様にしたいものである。新卒で一流企業に就職できた人材かどうかで、優秀かどうか判断した方がいい。(一流企業は甘くない。新卒の学力再チェックしている)医師免許の件は、少人数制で学閥の結束は固い。だから、出身大学の近くに開業するケースが多い。当たり前だが、例えば、北大なら、北海道。名古屋大なら、東海地区。九大は九州地区など。だから、医師免許が取れても、仲間のドクターがいないと現実はつらいか?医学部は定員少なく実習もあり、1人1人顔が見える世界。私大文系のように、どこも大差なく、同級生のレベルが玉石混交で、顔が見えない世界とは、全然違う。ちょっと、新常識と離れていると思う。マスゴミ及び、出版物 特に入試 大学関係は、 一部大学への営業トーク全開で 信用しないほうがいい。私大文系の偏差値は、デタラメである。(受験産業は収益企業である。鵜呑みにできない)なお、特定の大学を誹謗中傷するつもりは全くない。誤解ないようにお願いしたい。あくまで個人的な感想である。偏差値操作は他大学も多少しているが、社会的影響力高いマンモス大学は、しっかりしてほしいと願う。こんなデタラメばかりでは、どんどんお隣の大国と差がつくばかりで残念である。改めて読む価値?再編集を期待し星をつけた。良識に基づいた再編集に心から期待したい。

受験と進学の新常識―いま変わりつつある12の現実―(新潮新書) Japanese Edition. 私大文系は、入り方いろいろで大学名による括り、ランキング等は意味ない。受けてもいない一般受験で偏差値ランキングは、詐欺?で偽造表示と言えよう。なぜ、マスゴミは都合の悪いことを報道しないのか? マスゴミOBが多い大学に忖度?偏差値の数値の出し方自体?で当てにならない。インチキで意味ない。名門麻布高校出身でリクルートの人材プロフェッショナル海老原氏が書いた名著『学歴の耐えられない軽さ 』に、推薦・偏差値操作等その辺りを詳しく書いてあるのでご参考に。実態を暴露した名著なので、新常識なら、この本より読むといいと思う。高偏差値を装うマンモス私大は偏差値60と偏差値35が同じ大学、学部に入学し同居し、大半がその低い方である実態。AOや推薦ばかりで学科試験免除で 学費担保&一般枠を減らす為(偏差値操作)低レベル数合わせ入学者が大半そもそも偏差値の出し方自体が、デタラメで信憑性がないし、一般試験を経た入学者は少ない。偏差値表示詐欺と言われる状態。「○○○大学 偏差値操作」「○○○大学 指定校推薦 実態」等で検索果汁10%のジュース(残り8~9割は、そこら辺の水道水で水増し。)それを高偏差値ジュース100%とPRしている有名私大。偏差値という指標は、私大文系は学力水準を表すのに既に有名無実になっている(多くが一般受験受けて入学していない)。実態を表す新しい指標が必要である。私大はマスゴミOBが多い大学が、母校偏向で作ったイメージ&、広告宣伝だけで実態は大差ない。「深田 萌絵」で アマゾンで検索 2か月で Fランから 早稲田政経(整形?)学部 簡単 AO 合格体験記在り。読者レビューだけでも ご参考にちょっとかわいいと大学イメージアップの為?簡単にAOで合格が実態か?今や入学者の大半を占めるAO、お客様指定校推薦入学の早稲田の実態がわかる。一般受験で大東亜帝国を断念しても、数合わせが多い早稲田ならAO、お客様指定校(学費確保)推薦で簡単合格のケース多々有り。入学者の過半を占めるAO、お客様推薦の実例である。確かに入社試験で帝京国士舘拓殖より点数低い、張ったり上手いだけの早稲○出身者が多かった。(偏差値偽装表示バレバレで笑える)フルコミッションの営業マンや、風俗スカウトマンに早稲AO、指定校推薦組は、算数など学科試験は不適でも確かに適性あるらしい。ど根性で頑張ってもらいたい。指定校推薦もある程度の高校もあれば、おバカ高校からでも簡単OKの場合もある。学費がもらえれば何でもいいのか?とは思いたくないが、コピヘでも博士。何でもありの大学。そういった早稲田の極端な偏差値操作に疑問(拝金主義)を感じ、早稲田なら簡単推薦合格可能なのだが、「日東駒専明青立中法 を積極的に選ぶケースも多々ある」と一流高校の先生に聞いた。私大文系は入学難易度に差がほとんどないのが実態(入り方いろいろ。偏差値デタラメ)である。マスゴミOBが多い大学が、母校偏向報道で作った大学名によるレッテル貼りでなく実際に卒業後何がしたいかで選ぶ方が、結局本人の為である。私大は、○○○大学なら、どの学部でもいい→ 新卒フリーター一直線である。大学名で 学力担保が取れているのは、難関国立大の場合のみだけある。ま、一緒に仕事して 3人おかしいのが続けば、マスゴミによる偏向報道、受けていない偏差値表による私立大学名括りやレッテル貼りが、いかに意味ないものか、ピント来ない人も腹に落ちるであろう。ちなみに、東大、京大等難関国立大で、?と思う学力の卒業生は知らない。皆優秀だった。ただ私大、特にマンモス早稲田の場合は、ほんと玉石混交で ????の方が一般的だった。必ず、出身高校チェックし、一緒に仕事、筆記試験してから判断しないと マスゴミOB偏向の取り繕ったイメージ、受けていない偏差値表で判断すると痛い目に遭う。なお、ごくごくわずかに一般組で、実態を知らないで入学してしまった人材の中には、いい人材もいた。その点は忘れずに付け加えておく。(大学以外でダブルスクール等で努力。大学での教育ではない。ごく少数の弁護士会計士合格レベルから、過半のFランレベルまで、ほんと玉石混交。平均は大東亜帝国未満)知的層で実態を知っている場合、スーフリ事件等頻発性犯罪の再発の危険やまた大久保 歌舞伎町等の近所の狭いキャンパスに大人数すし詰め状態で落ちついて勉強?中国韓国留学生も多く質の担保?である あり得ないレベルの推薦、AO入学者も多く落ち着いて勉強する環境?という懸念もあり早稲○だけは、受験を避けるのが常識らしい。ま、そんなカオス状態が好きなら志望すればいいと思う。企業での卒業生の評判も、態度が偉そうとすこぶる悪い。(中身がないにも関わらず、偉そうだという悪評)よって就職状況もあまり良くないというか、悪い。知的層が避けるのは当然であろう。劣化がひどいのが残念である。(例外としてA日や、M日新聞グループ、NHKなど、新聞記者、TV等マスゴミへの道を考える場合は、早稲○を選択した方がいいだろう。それ以外は意味??と思われる。偏向報道の手先への道か、) 偏差値操作について早稲〇は、一般枠を高偏差値に操作演出している。その為に一般枠を極端に減らす必要がある。その上、マンモス大なので、数合わせで、かなり定員をかき集めて埋めないといけない。とにかく定員を先に埋めないといけない。その為、大量の数合わせAO、推薦合格者が必要で簡単に合格できるのである。一般枠(入学者の1~2割程度らしい 極めて少数で入学した場合、実態に唖然としてやる気がなくなるそうである。高校時代には、絶対あり得ないレベルが同じ学部、学科の同級生とは。。 関係代名詞知らないレベルとは(苦笑)ありえないお客様推薦、AO、数合わせ推薦合格者ばかりで、マスコミOBや受験産業と結託したからくりに、人間不信になるらしい。系列の高校の偏差値まで巧妙に操作している?としたら唖然とする。極端な偏差値操作の為に定員の大半をお客様推薦、AOで埋めないといけない。その為に指定校推薦のレベルを広げ(下げて)ても数合わせしないといけない。また、2流の私立高校側も定員確保に必至である。そこで、大学推薦枠や提携でPR。3流高でも私立の学費を払ってきたということは、要するに4年間学費取りっぱぐれ少ないと大学は推察?。3流私立高校で中身なくても、真面目に大学に通ってくれそう?なら簡単合格するケースか。。実家が金持ちなら卒業後の寄付金も期待できるし、一石二鳥、、、ということであろうか?だから、2次方程式できない中学レベルで学科免除で推薦合格となるケースがあるのであろう。2流私立高校と大学両者のニーズが合致ということであろうか?そして大学OBマスゴミがひたすら提灯記事を書くまくり渾身の印象操作。違法ではない。うまいビジネスモデルである。学費納入が一番大切なのだろうか??疑問昔と違い、2~3流高校からもどんどん推薦合格している。学生を必死にかき集める時代へ。劣化残念である。「早稲田 コピヘ博士」で検索 何でもあり。あのノーベル賞偽造細胞騒ぎの 元博士様は 学部から大学院(約10年間早稲田にせっせと学費を払った)生粋の早稲田が育てた人材である。大学にとっては、大切な手塩をかけた学生でもあった。集大成があの博士論文と、あの観察日記は、、、うーん??ノーコメント 早稲田が10年かけて育てた人材の質の実態が露見した。騒ぎはさておき、今後の人生がんばってほしい。 早稲AOやお客様推薦組は、都内で高校偏差値40台でも合格している。合格の判断基準が不明である。(判断基準は、ちゃんと学費を払ってもらえるか?。大学のPR、イメージアップになるかであろうか?。)違法ではないが、モラル的には疑問を感じる。あざといPR営業戦略と言えなくもない。 どこの大学でも 私大は一部上位層しか一流企業の就職できない実態。マスコミが都合の良いように大学名括り、偏向ねつ造されたイメージ、大半が受けもしていない偏差値表は、全く意味をなさない。それより、中身や面倒見の良さで大学を選択したほうが賢明であろう。お客様推薦やAOで入っても、新卒フリーター、3年以内離職一直線である。甘くない。いつかインチキ バレる。奨学金の返済できず自己破産予備軍である。「AO 川成 週刊現代」でキーワード検索 ご参考 早稲○政経をはじめAOや推薦 簡単合格 及び就職できない実態を大学教教授が正直に暴露している。早慶という括りは、最近は実態にそぐわないらしい。早稲田の平均的な学力実態は、慶応と大差が付き、日東駒専明青立中法にも及ばずで「早稲田帝京国士舘拓殖」辺りが、同じ括りとして実態に即しているだろうと知人の大学関係者も話ししていた。そこまで劣化しているとは。。偏向報道と実態の乖離がすごいし、残念でならない。入学者の大半の早稲AOやお客様推薦者は、一般受験を受けたら大東亜帝国レベルも受かるか微妙なケースも多々ある。早慶の括りは既に終わり「大東亜帝国」から 「大東亜早帝国」が実態に即した括りであるらしい。教育関係者、人事担当者も一同にそう断言していた。早稲田は目先を取り繕う施策ばかりで、劣化が著しい。学生の中身がほぼ同じなら、いっそ帝京早稲田大学として対等合併し 医学部を含めたマンモス大へ道がいいかも知れない。ラグビーも強くなり、大学PRに好都合でもある。今後、大学も合併がどんどん増えるであろう。マスゴミ偏向報道で取り繕い偏差値偽造で卒業生の質は、驚くほど低い。OBの教員達も嘆いていた。(ま、マスゴミOBや、その意向を汲んでフリーライターがデタラメの記事を書きまくり フォローするであろうが、苦笑 。例えば、最近、早稲田は、AOや推薦ばっかで 実態のひどさが漏れて人気が低下しているにも関わらず、「難関大学を避け安全路線が多い」とか 嘘八百の提灯記事連発するのは爆笑するしかない。デタラメの記事を連発して、人間として情けなくないのかと思う。  )マスゴミのデタラメ広告偏向報道は既にバレて、知的層では全く信用ないということであろう。と正直に実態を書くと僻んでいるとか、言って訳 分からない逆ギレで逃げるらしい。(爆笑)ただ、受けもしない偏差値表でのPR、印象操作、マスゴミOBのよいしょ記事はインチキだと指摘しているだけである。大半が受けてもいない操作された一般受験偏差値でのPRは、詐欺偽造的行為と言えよう。ほんと情けない。AOやお客様推薦で簡単に入れる大学に誰が僻むか疑問。難関国立大や国立医学部はそんなインチキない。だから、卒業生の学力レベルも担保され優秀である。最後に改めていうと私大文系は抜け道入学も多く大学名で括りはできないし、大差はない。インチキはいつかばれる。3大マンモス大で平均学力比較すると 多少日大が一歩リードし、その下に早稲田近畿同じ が最近の実態。OBマスゴミ 受験産業の 偏向報道に欺されない様にしたいものである。新卒で一流企業に就職できた人材かどうかで、優秀かどうか判断した方がいい。(一流企業は甘くない。新卒の学力再チェックしている)医師免許の件は、少人数制で学閥の結束は固い。だから、出身大学の近くに開業するケースが多い。当たり前だが、例えば、北大なら、北海道。名古屋大なら、東海地区。九大は九州地区など。だから、医師免許が取れても、仲間のドクターがいないと現実はつらいか?医学部は定員少なく実習もあり、1人1人顔が見える世界。私大文系のように、どこも大差なく、同級生のレベルが玉石混交で、顔が見えない世界とは、全然違う。ちょっと、新常識と離れていると思う。マスゴミ及び、出版物 特に入試 大学関係は、 一部大学への営業トーク全開で 信用しないほうがいい。私大文系の偏差値は、デタラメである。(受験産業は収益企業である。鵜呑みにできない)なお、特定の大学を誹謗中傷するつもりは全くない。誤解ないようにお願いしたい。あくまで個人的な感想である。偏差値操作は他大学も多少しているが、社会的影響力高いマンモス大学は、しっかりしてほしいと願う。こんなデタラメばかりでは、どんどんお隣の大国と差がつくばかりで残念である。改めて読む価値?再編集を期待し星をつけた。良識に基づいた再編集に心から期待したい。

Free read ê eBook, ePUB or Kindle PDF · おおたとしまさ

受験と進学の新常識―いま変わりつつある12の現実―(新潮新書) (Japanese Edition) ç . 自分は中受で高校まで一貫校に行きました、未就学児の子がいます。自分の子は近所の公立に通わせ、その分習い事や趣味を楽しんだり、家族と過ごす時間をもたせ、中学までの勉強は自分で見てやれば良いかなと思ってました。高校受験知識がないのと、今後公立に行っても周りの家庭は中受がスタンダードだから基本知識としていれておこうか・・・と買ってみましたが、20年以上前の自分の中受知識はもはや化石みたいで、驚愕の連続で読みました。「2月1日午後受験」「7年後偏差値」「公立中高一貫校」「思考コード」「鉄緑会」中受の新スタンダードから、超ハイレベル大学受験塾の裏側までさらりとまとまっていて、大学進学を目標に考えると、いずれどこかで子どもに経験させねばならない「日本の受験」の新常識のエッセンスが詰まっていて、スッキリ!でした。公文、SAPIX、東進なんかの実名ワードが出てきますが、特に肩入れなしでフラットに長所が書かれ、予備校の特待生システムには「成績下位層の授業料が注ぎ込まれている」とグサリで気味がいい。章ごとのポイントでまとめてあるのも読みやすかったです。私立中受はしないけれど、という人にも向けた5章最後の提案はすごく納得いくアイデアで、公立中学前提の我が家の進路方針はこれだ!と合点しました。買ってよかったです。普段は感想書いたりしないのですが、きっと編集部の方とかがのレビューはチェックされると思うのでログインしてみました。この1冊は周りの未就学児を持つ友人にもれなくオススメしたいと思うくらい、すっきりの読後感です。高校生の親御さんにはちょっと可哀想で見せられません・・・。(6年前に読みたかった!ってなるはず)これを読んでからなら、中受でも高受の時でも、ただ不安を煽るような教育ビジネスのセールストークに乗せられることなく、自分の子どもにあった受験の道筋を立ててあげられると思います。佐○ママの子は鉄緑会だったと分かれば、余計な本も読まないですみます(笑)。読まれてる前提でおおた先生に質問です。・ここまでの文章でご拝察かと思いますが、「思考力型入試」でこどもの学習に付き合ってあげられるだけの作文力も思考力も足りません。親のための勉強法はあるでしょうか。まだまだ疑問や興味は尽きないので、また大学入試改革の全容が判明次第わかりやすい最新の傾向と対策を教えてください! Free read ê eBook, ePUB or Kindle PDF · おおたとしまさ

おおたとしまさ · 8 Read & Download

おおたとしまさ · 8 Read & Download .  教育ジャーナリストおおたとしまさ氏が、最新の受験動向についてその傾向をまとめた本である。 ただし、対象となるのは中学・高校・大学のいずれも公立私立を問わず、最高レベルのトップ校であって、東大・京大・国公立医学部を目指す受験関係者のために書かれており、その意味ではトップ校以下を含む「受験全体」の傾向には触れていないのが大きな特徴だ。 序章と最終章を含めて全14章から構成されるが、第1章から第3章までは大学受験のための高校、予備校の選び方、第5章から第7章までは中学受験について、第10章から第12章までは海外の大学やインターナショナルスクールなど日本の受験界とは一線を画す学校の現状が解説されている。 受験生を身近に抱える親としては、本書に期待する面も大きかったのだが、一読した感想を言えば、「東大や国公立医学部を目指すのでなければあまり意味はない」だった。 冒頭にも書いたが、本書のタイトル「受験と進学の新常識」とはいうものの、その対象がごく一部のハイレベル校に集中しているのである。 大学受験に関しては、「東大に何人合格したか」をテーマに高校、予備校を分析しており、偏差値や合格者数のカラクリは参考にはなったが、具体的な「良い」予備校選びのポイントについては触れていない。 超難関中学受験に強いSAPIX、東大を筆頭に国公立医学部に圧倒的な強みを持つ鉄緑会については、その指導内容の説明があるが、そもそもこのレベルの予備校を考えている親であれば知らないはずはない内容だ。 一方で面白いと思ったのは、第10章内にある「ハンガリーで医学を学ぶ」。東大を筆頭に日本では国公立大医学部の偏差値が異様に高く、やや低い私立は学費がべらぼーに高い。どちらも合格のハードルは相当高いのが現実だ。 ハンガリーの国立大学医学部であれば、入学試験はあるが、筆記試験は英語と理科2科目の計3科目で、日本では必須の数学が含まれないのが特徴。講義はすべて英語だが、世界各国から200人近く集まるので英語が母国語でない学生も多そうで、日本人が特別に不利という訳でもない。日本にも新宿にハンガリー医科大学の事務局があるそうだ。 ちなみに日本の私大医学部の学費に比べて、ハンガリーでは生活費も含めて半分程度だそうだ。しかも6年後に卒業すればEU各国で通用する医師免許が得られる。日本で仕事をするには別途医師免許が必要だが、2016までに卒業・帰国した49人のうち41人が合格しているという。 この実績は国内の医学部に比べても遜色はないし、「英語は得意だが数学は苦手、だけど医者になりたい」という高校生には、結構魅力的な選択肢ではないだろうか。EUで通用する医師免許というのは、グローバル化が進むなかで「有望な資格」のひとつになるかもしれない。 最後に本書は、国内の受験事情関連という視点では、対象がごく限られたトップ校に限定されており、その他大多数の受験関係者に訴求するまでの内容には乏しいと言えるだろう。ただ、前述したハンガリーなど海外の大学事情には興味深い内容も結構あった。 タイトルにある「新常識」は海外に関する内容に限れば、読む価値はあると思う。