READ ç 50歳からの孤独入門 (朝日新書) (Japanese Edition)

DOWNLOAD á DCMDIRECT.CO.UK Ä 齋藤 孝

. 筆者自身の経験を元に、具体的な事例や豊富な引用で、具体的なあり方を簡潔に、的確に述べる。特に取り上げられている書物には、本書の読後に読んでみたいと思わせる書が多く、実際に数冊を購入をしてみた。読書の幅を広げる観点からも優れている書であった。明確な物言いは爽やかで、他の著書にも改めて興味が湧いた。

READ & DOWNLOAD 50歳からの孤独入門 (朝日新書) (Japanese Edition)

50歳からの孤独入門 朝日新書 Japanese Edition. 孤独には、どうも「よい孤独」と、「悪い孤独」があるようだ。前者は積極的に選ぶライフスタイルであり、後者は「孤立」に近い。50歳という年齢を迎える世代に、「孤独」という切り口を通して、これからの生き方、考え方について、さまざまな視点から考察したのが本書のテーマだろう。著者の齋藤氏は執筆時で58歳であろうから、自身が身をもって感じるところも多く語られている。齋藤氏は著書の中でしばしば自身がかつて抱いていたコンプレックスについて言及するが、本書でもそうした体験談がしっかり開示されている。周りの目を気にするのはそろそろやめよう。自分よりうまくいっている人を妬むのはやめよう。少しずつ身の回りをシンプルにしていこう。そうした人生の心構えに加え、美意識をもつこと、自分の死と向き合うことや、50歳からの性といったやや言及しづらいテーマまで、よく踏み込んで書かれている印象だ。そしてなんといっても古今東西の古典、名著からの引用の豊富さは圧巻である。巻末に引用した書籍が紹介されているが、ざっと70点近くはある。つまり、50歳を過ぎた大人の孤独には、読書がしっくりと似合うのである。本書を参考に、いい意味で孤独を楽しみをしたいものである。

齋藤 孝 Ä 1 READ

READ ç 50歳からの孤独入門 (朝日新書) (Japanese Edition) ↠ ☆ [PDF / Epub] ★ 50歳からの孤独入門 (朝日新書) (Japanese Edition) By 齋藤 孝 ✩ – Dcmdirect.co.uk 5050 50 .. 活力も減りつつある。何より残り時間が少ない。そう言った時にまだモテるとか何を着るとか時計を集めるとか美味しいものを食べるとかじゃなくて、これがなきゃ自分じゃないというものに残りの人生を費やすこと。集中する事、そういう事をこの本は述べていたと思う。もし、美味しいものを食べる事がそうであればそれはそれでいいと思う。ベッドに横たわって、酒もだめ、美味しい料理もだめ、、、等なった時にやりたい事とはちょっと違う。元気な今やり遂げたい事ではないだろうか。