FREE DOWNLOAD 知の体力(新潮新書) (Japanese Edition) î PDF eBook or Kindle ePUB

SUMMARY 知の体力(新潮新書) (Japanese Edition)

FREE DOWNLOAD 知の体力(新潮新書) (Japanese Edition) î PDF, eBook or Kindle ePUB Ï ☆ [PDF / Epub] ★ 知の体力(新潮新書) (Japanese Edition) By 永田和宏 ✩ – Dcmdirect.co.uk Popular Kindle, 知の体力(新潮新書) (Japanese Edition) By 体力(新潮新書) Japanese Edition By 永田和宏 please download or read online her. この本は、現在大学教授である著者のエピソードを交えながら、今の大学のあり方について書かれたものです。研究者からいきなり大学で講義をすることになったので、「シラバス」という用語さえ知らなかったというのは面白かった。本全体では、大学教育は高校までの教育とは別物であるべきだと主張する。高校教育までは正しい答えが1つある世界だが、社会に出てみると、絶対的に正しい答えというものが必ずしもあるわけではない。大学はその教育と実社会の間のバッファー(緩衝帯)であり、そのような教育を目指す必要がある。また、大学は「落ちこぼれ」を認めてもいい場所であり、むしろ手厚くもてなす教育をして、学生が落ちこぼれる体験をせずにそのまま社会に出ることも危惧している。さらに、大学に質を求めることはおかしいことであると考える。近年、大学は教員の質や講義の質を保証しようとして、講義の内容は正しいという前提で、しかもわかりやすい講義を目指している。授業アンケートもその目的だ。ところが、著者は、現在までにわかっていることを教えるよりも、現在でもまだわかっていないことを教えることが大切であると考えている。それがなぜわかっていないのかを説明することにより、学問への興味を刺激する。最後に、この著者は歌人でもあり、最終章では「伴侶となるべき存在」について著者の想いが述べられている。私はこの考え方に納得し、改めて自分の人生について考えることができた。

永田和宏 Á 6 FREE DOWNLOAD

Y interesting things in this book readers are very amazed by the contents of the book 知の. 大学のゼミの教授が課題読書的な扱いで読むことになった本。本の名が「知の体力」だから、ただ単に知識を得ることの大切さだけを、研究することの大切さだけを説いている本なのかと思って読んでいたが、良い意味で大いに裏切られた。なんとなく読んでいてもその目がパッと覚めるような気づきがあり、読んでいた時にたまたま抱えていた悩みや考えごとが解消されるような心地良さを感じることが出来た。これから何度も読み返したいと思える本だし、バイブルにしようと思える本だった。これを勧めて下さった教授にも、著者にも感謝しています。もし、何かのきっかけで読むことになった方がおられたら、最後まで読まれることを強くお勧めします!

DOWNLOAD ☆ PDF, eBook or Kindle ePUB Á 永田和宏

知の体力(新潮新書) Japanese EditionPopular Kindle 知の体力(新潮新書) Japanese Edition By 永田和宏 There are man. しばらくデスクに積読していたのですが電車移動の際にようやく。するすると入ってくる言葉に加えて、学ぶことの本質がそうだった、そうだった!というような子供のころの記憶と共に蘇る。箇所箇所で自分でもびっくりするほど涙ぐんでしまった。感動、心を動かされたという意味では今年読んだ本の中でもトップクラスに入る一冊。子供を持つ親だけではなく、社会に出てまた学びなおしたい、勉強したいとうっすら思っている人にこそおすすめです。これだけはいつでも読み返せるように貸したくないので是非買って読んでほしい。