FREE DOWNLOAD ´ 大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫) (Japanese Edition)

SUMMARY 大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫) (Japanese Edition)

FREE DOWNLOAD ´ 大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫) (Japanese Edition) ✓ ❮EPUB❯ ❃ 大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫) (Japanese Edition) ✾ Author 村上 春樹 – Dcmdirect.co.uk Popular Kindle, 大いなる眠り (ハPopular Kindle 大いなる眠り ハヤカワ・ミステリ文庫 Japanese Edition by 村上 春樹 There.  レイモンド・チャンドラー『長いお別れ』の映画DVDを入手する前に、400ページ以上の本ではあったが、本の方を再読してからDVDを観たら、あまりにも原作と異なる物語に脚色されていたのでがっかりしてしまった。   チャンドラーが1939年発表の処女長編『大いなる眠り』が気になり探してみたが処分したようで見付けることが出来なかった。 この『大いなる眠り=原題:The Big Sleep』を、どうしても再読してみたくなりAmazonで入手して読むことにした。 評者の手元に届いたのは、創元推理文庫の1959年(昭和34年)初版であり、訳者は双葉十三郎氏である。 少し調べてみたら1956年(昭和31年)に、東京創元社(のち創元推理文庫)から出版されたのが初出だったようである。 読みはじめてかなり物語の粗筋を思い出したが、やはり翻訳に隔世の感を覚えてしまった。 この本だけ読んでいたらマーロウは、かなり乱暴者のような感じを受けてしまうのは、翻訳がマーロウの話す言葉の訳に起因しているようである。 「うふう」(原書でどう書いてあるか興味津々だが)とマーロウが唸ったり、土砂降りの雨のなかで車を運転しながら、「窓拭装置はあっても、ガラスは絶えず曇り」などと訳している。(P219) 窓拭装置?まあ、ワイパーと訳せばだれでもわかるのだが、なんだか面白く読んでしまったのである。 「車庫」なども気になった。 これは英語で「garage」と書いてる直訳だと思うが「自動車整備工場」としたほうがよいだろう。 本邦初登場したフィリップ・マーロウだから仕方がないが、この後の『さらば愛しき女よ』から清水俊二氏がほとんどマーロウものを翻訳してマーロウ像を修正(インテリ探偵として)している。 清水俊二氏が双葉十三郎氏から面白いから『さらば愛しき女よ』読むよう勧められ、この本を読んでから、どうしても自分が翻訳したくなった経過をなにかで読んだ記憶がある。 古くは田中小実昌氏も何冊か翻訳しているが、最近では村上春樹氏がマーロウもの全作翻訳している。 が、粋な翻訳本を読むより二葉氏や清水氏の翻訳本で十分楽しめるから評者などは、それでよしとしておきたい。 フィリップ・マーロウは、ハードボイルド派の中で最も有名な探偵といえる。 その末裔として数多くの探偵が登場しているが、ローレンス・ブロックのマット・スカダーなどへと受け継がれていると思うのは評者だけではないだろう。 大昔名画座で観たボギーがマーロウを演じている『三つ数えろ』のDVDも入手して、もう一度映画も観たくなってしまった。 双葉十三郎氏訳『大いなる眠り』を楽しみながら読み終えました。

村上 春樹 À 1 FREE DOWNLOAD

Are many interesting things in this book readers are very amazed by the contents of the book 大いなる?. 最初に読んだときはストーリーを追うことだけに意識が集中してしまったのですが、時間をおいてから再読してみたら、村上春樹氏の翻訳のすばらしさに気づかされました。何がすばらしいかと言うと、レイモンド・チャンドラーの文体や文章の味わいを、可能な限り日本語で再現しようという翻訳の取り組み方です。多くの読者にとっての「良い翻訳」というのは、日本語の文章として読みやすく、意味がわかりやすいことだと思いますが、本書における村上氏の翻訳は、多少意味がわかりづらくなってもチャンドラーの原文に忠実に訳している部分があります。例えば、タキシードではなくディナージャケットという言葉を使ったり、カジノのディーラーのことをクルピエと呼んだりしているところです。それはレイモンド・チャンドラーがイギリスで教育を受けていて、イギリス英語を使う作家であり、原文でそのような単語を使っているからです。日本の読者としては、タキシードやディーラーという言葉に訳してもらったほうが読みやすいですが、意味がわかりづらくなってもあえてディナージャケットやクルピエという言葉を使うことで、村上氏はチャンドラーの文章の雰囲気を残そうとしているのだと思います。このことで、アメリカ人がチャンドラーの本を読んだときに感じるであろう、異国の作家が書いた英語のような雰囲気を、我々も日本語の文章で感じることができるのです。原文に忠実な翻訳は、単語のレベルだけではなく、もう少し長い文章に関しても当てはまります。例えば物語の前半の会話の中の下記の文章です。原文「The Sternwoods have money All it has bought them is a rain check」村上氏の訳文「スターンウッド家はお金を持っている。でもそれで買うことができたのは雨天順延券だけ」※「雨天順延券」に「レインチェック」とルビがふってあります。rain checkという単語には、文字どおりの雨天順延券の意味だけじゃなくて、物事を実行しないときの言い訳というニュアンスもあります。ですので、意訳するなら、「スターンウッド家はお金にものを言わせて、いろいろな問題を先送りにしてしまった」という感じになるでしょうか。しかし、村上氏はあえて意訳はせずに、レインチェックというルビまでふって雨天順延券という日本ではちょっと馴染みの薄い言葉を使っています。村上氏がそうまでして「The Sternwoods have money All it has bought them is a rain check」という原文にこだわったのは、これが本書のテーマだからじゃないかと思います。テーマというのは、タイトルやあらすじのことじゃなくて、「描こうとしていた世界」とでも言い換えればいいでしょうか。チャンドラーはこの本で、金持ちが金の力で何でも解決してしまおうとする不条理な世界のモヤモヤ感を、雨の情景に重ね合わせて描いているのだと思います。雨が少ないはずのロサンジェルスでやたらと雨のシーンが続く理由もそこにありますし、最終的にそれはエンディングのシーンにも関係してきます。この文章を意訳したり、あるいは端折ってしまっても、物語の展開には影響はないかもしれませんが、チャンドラーの文章の味わいは失われてしまいますし、チャンドラーが物語を通して描こうとしたテーマそのものが曖昧になったはずです。こんなふうに原文の細部にまで忠実な翻訳をするということは、下手すると「直訳っぽい」とか「意味がわかりづらい」という批判を受ける危険性すらあると思います。しかし、村上氏が勇気を持ってその方針を貫いてくれたおかげで、チャンドラーの文章の味わいを現在の日本語で楽しめるようになりました。とにかくそのことには感謝したいです。

DOWNLOAD ´ DCMDIRECT.CO.UK À 村上 春樹

大いなる眠り ハヤカワ・ミステリ文庫 Japanese Edition?り ハヤカワ・ミステリ文庫 Japanese Edition by 村上 春樹 please download or read online here. それっぽっちの報酬のために、君は...との問いかけに、マーロウは答えます。簡潔に、自信を持って。彼の美意識に打たれました。シリーズ1作目の本作品を先に読んでおけば、他の作品がもっと味わえたことでしょう。