フェイクニュースの見分け方(新潮新書) (Japanese Edition) free read Ù PDF eBook or Kindle ePUB

read フェイクニュースの見分け方(新潮新書) (Japanese Edition)

フェイクニュースの見分け方(新潮新書) (Japanese Edition) free read Ù PDF, eBook or Kindle ePUB ï ❴PDF / Epub❵ ✅ フェイクニュースの見分け方(新潮新書) (Japanese Edition) Author 烏賀陽弘道 – DcmdirecR shows is genius and it really helps me connect with the story. 1.内容メディアの中から事実を見つけるにはどうすればいいかを、著者の体験に基づいて書いた本。2.評価おおむね役に立つが、疑問点もあるので星1つ減らして星4つとする。以下、レビュアーが抱いた疑問を。(1)第3章の書き方は少々まずい。「発信者が不明の情報」だから問題なのであって、実名匿名の問題ではない(本文はそういう趣旨だが「匿名者が発信する情報は信じるな」(p56)というのはまずい表現。実名のように苗字と名前があればOKでもない)。(2)p99からの「電波停止発言は問題か」など(p108l4まで)も疑問。p101で「民主党政権でも自民党政権でも同じ答弁」だとあるとし、p108で「『自公だろうと民主だろうと、権力はすべからく疑うべし』」と結論付けるが、記者の感じ(自公政権だと「『報道の自由を恫喝している』」(p102)と感じた出来事があった可能性を否定できないが、本書では判断できない)を理由なく否定している。(3)p146「無罪請負人は英雄か」の内容も疑問。著者の観点の違いや紙幅の問題を無視している。

free read Í PDF, eBook or Kindle ePUB · 烏賀陽弘道

新書) Japanese Edition By 烏賀陽弘道 The way the autho.  まず彼のスタイルに新鮮さを感じました。色々と批判する人もいるでしょうが、「オピニオンは捨てよ」という主張には全く同感です。社会的な様々な問題に対し、極端に意見が違う人がいるというのが現実です。起きた事実は1つのはずなのにそれが全く違って受け取られるのはなぜなのか。具体的な例を挙げながら論を展開しているこの本は、一読の価値があります。右の人も左の人も最後の「情報を健全に疑うヒント集」までしっかり読んで意見して欲しいと思いました。

烏賀陽弘道 · 6 free download

フェイクニュースの見分け方(新潮新書) Japanese EditionPopular Kindle フェイクニュースの見分け方(新潮. この本ぜひ読んでほしい。ほんとネットはおそろしい世界。何がおそろしいかって明らかなウソやデマではなく本物っぽい虚偽情報があたかも本物かのように誰もが信じてしまいそれを拡散することで被害者になるだけでなく加害者になる可能性があるからだ。史上最強の台風19号でネットに投稿され多くの人が本当だと信じた投稿が実はでたらめだったまたは不正確だったというファクトチェック(事実確認)を行う検証サイトがあり私も拡散はしなかったもののいくつか本当だと信じてしまったものもある。ではどう見分けたらよいのか。そこで参考になるのが烏賀陽弘道著の「フェイクニュースの見分け方」。事例も多く出しているので非常にわかりやすく日々のネット情報にふりまわされないための情報判断材料が書かれている。ネットの個人投稿だけではない。今や劣化した大手メディアも意図的ないしは意図せず印象操作や誤解を生む記述の仕方をしている。メディアにダマされないためにもこの本は必読。どこまでが事実でどこからが意見なのか。事実の根拠となる情報の原点はどこか。一方の主張を鵜呑みにすることなく反対の主張がないかあたってみるなど脊髄反射で投稿を信じ込んでしまう前に拡散してしまう前に疑い、確認するクセをどうやってつけるかポイントが書かれている。やっかいなことに意図的なウソならともかく善意で虚偽情報を拡散してしまう人もいる。これからもますます増えるであろうフェイクニュース、フェイク投稿にだまされないためにぜひこの本読むとよいです。