財務3表実践活用法 会計でビジネスの全体像をつかむ (朝日新書) (Japanese Edition) Free read Ì 0

review 財務3表実践活用法 会計でビジネスの全体像をつかむ (朝日新書) (Japanese Edition)

財務3表実践活用法 会計でビジネスの全体像をつかむ (朝日新書) (Japanese Edition) Free read Ì 0 × ❄ [KINDLE] ✽ 財務3表実践活用法 会計でビジネスの全体像をつかむ (朝日新書) (Japanese Edition) By?日新書 Japanese Edition Author 國貞克則 This is very good and a main topic to r. わかりやすい!

國貞克則 ☆ 0 Free download

Ead the readers are very amazed and always take inspiration from the contents of the bo. 財務とは何かということを分かり易く説明してあります。会社というものがどの様に成り立っているのか、お金の流れはどうなっているのかその仕組みを知ることはとても大切であり、また管理職ならば知っていなければならない事です。上級者だけではなく、初めて財務を勉強する方などにもお勧めの一冊だと思います。

characters Õ PDF, DOC, TXT or eBook ☆ 國貞克則

財務3表実践活用法 会計でビジネスの全体像をつかむ 朝日新書 Japanese EditionBest Kindle 財務表実践活用法 会計でビジネスの全体像をつかむ ?. 著者の國貞克則氏の3部作を「財務3表一体理解法」→「財務3表一体分析法」→「財務3表実践活用法」の順番で読んでいった。いずれも読んで深い満足感を得られた。著者が一貫して説いている点は、財務諸表とは「お金をどう集めて」→「それをどう投資して」→「どの程度利益を上げたか」ということを整理してある表であるということである。そして経営とはこの流れを考えていくことだということ。これの基本編が「理解法」であり、他社や他業界の状況とを比較してみせてくれたのが「分析法」である。そして「活用法」では主に事業再生や経営改善という観点から財務諸表をどのように使用して行くかが示してある。サラリーマン的視点は「売上」と「利益」だが、もっと重要な点が「投資」と「リターン」であるという著者の主張に深く納得できた。そして社会全体が投資とリターンで動いているという点に気がつかせてもらった。これら3部作をお勧めする。