review 特捜部Q―檻の中の女― (ハヤカワ・ミステリ文庫) (Japanese Edition) ↠ E-book or Kindle E-pub

ユッシ・エーズラ・オールスン ↠ 9 review

review 特捜部Q―檻の中の女― (ハヤカワ・ミステリ文庫) (Japanese Edition) ↠ E-book, or Kindle E-pub ✓ ❴PDF❵ ✪ 特捜部Q―檻の中の女― (ハヤカワ・ミステリ文庫) (Japanese Edition) Author ユッ??スン There are many interesting things in this book readers are very amazed by the contents of the book 特捜部Q―檻の中の?. コペンハーゲン警察のカール・マークは、迷宮入り事件を捜査する特捜部の責任者を命じられた。だが実態は、予算を分捕るために新設されただけの部署で、体のいい左遷である。部下は怪しげなシリア人のアサドのみ。手始めに五年前の女性議員失踪事件に着手したところ、意外な新事実が見つかった。消えかけていたカールの刑事魂に火がつく。これはすごい。やっと求めていた警察小説に出会えた。刑事たちの探索と捕えられた女の悲惨な境遇が交互に語られる。一瞬も息が抜けず、ページをめくる手が止まらない。北欧最強のページターナーと呼ばせていただこう。キャラ造形もうまい。カールは妻と別居中で幸福とは言えないが(北欧ミステリの主役で円満な家庭人を見たことがない)さほど不幸でもない。それよりも銃撃されて全身不随になった部下を気遣う姿が痛ましい。生活のために家の一部を賃貸している。店子のオタクデブが、なかなか味のあるキャラだ。何といっても秀逸なのは、アラブ人のアサドだ。時おりボケをかますが、驚くほど優秀だ。非合法な世界に人脈を持っているようで、謎の多い人物である。続きが気になって眠れず、明け方までかかって読み通した。ラスト100ページのサスペンスは特筆ものの迫力である。このシリーズは続けて読もう。

characters ✓ E-book, or Kindle E-pub ↠ ユッシ・エーズラ・オールスン

??― ハヤカワ・ミステリ文庫 Japanese Edition by ユッシ・エーズラ・オールスン please download or read online he. その昔は樽、Xの悲劇、黄色い部屋、かたっぱしから読みました外出禁止令で本でも読もうかと思い、懐かしさからまた探偵小説へヨー・ネスボで北欧ミステリーにはまり、次は何かと探した結果評価の高いこの本に挑戦しました。一言で言うと、私にはまったく面白味が伝わってきませんでした。・動機が不自然です。犯罪素人ですが納得感がないです・人物描写が薄っぺらくて登場人物の誰にも共感できません・人間関係が殺伐で後味悪いです。北欧ミステリーでも随一です・北欧の街並み、自然、気候の描写がなく、目の前に光景が浮かびませんこのシリーズはこれ一作でやめます。いまはカタリーナ・コードにハマってます。

characters 特捜部Q―檻の中の女― (ハヤカワ・ミステリ文庫) (Japanese Edition)

特捜部Q―檻の中の女― ハヤカワ・ミステリ文庫 Japanese EditionPopular EBook 特捜部Q―檻の中の女― ハヤカワ・ミステリ文庫 Japanese Edition by ユッシ・エーズラ・オー?.  評者は、このアマゾンのレビューを書き始める以前に北欧作家のミステリを、ヘニング・マンケルの『目くらましの道』など読んだ記憶がある。 その後どうも北欧作家ものが苦手になり読みたい気にならなかった。 が、デンマークの作家ユッシ・エーズラ・オールスンの「特捜部Qシリーズ」が面白いと知り、その第1作『特捜部Q―檻の中の女―』(2007年 )2011年邦訳刊行)を読むことにした。 いや~驚いた! 大好きだったR・D・ウィングフィールドの「フロスト・シリーズ」とは趣が異なるが、本作は魅力あふれる刑事ものである。 このところ評者は、北欧ものを避けていたことを本書を読み終え悔やんでしまったのです。 この物語の奇抜な構成や登場人物(主人公のカール警部補、助手のアラブ人アサドなど)の設定など著者の才能は並みではない。 とくに助手のアサドの謎めいた過去、そして意外な働きぶりがこの物語を面白くしている。 主人公のカール警部補は、フロスト警部のような下品なジョークこそ放たないが、似たようなWorkaholicである。 ある事件をきっかけに周りから疎まれ実質的な左遷である「特捜部Q」(迷宮入りの事件を再捜査する部)を、上層部の計らい(厄介払いと予算獲得計画により)立ち上げることになる。 この「特捜部Q」を立ち上げることで国家予算を過剰に得た課長のマーコス・ヤコブスンを、カール警部補がそれとなく脅しながら車など獲得してゆくところなど読者を楽しませてくれる。 才色兼備の国会議員のミレーデ・ルンゴーが、デンマークからドイツへ航行する船の中から消えてしまったのが5年前である。 ネタバレになるから詳し書くことは避けるが、ミレーデが14歳のクリスマスイブに家族が乗っている車の事故について物語が進むところでミレーデを監禁して苦しめている犯人が誰かは想像できてしまう。 しかし、この物語の面白さは、このような犯人探し捜査の過程で登場する多彩な人物やこまかなエピソードを著者が手際よく描写していくところにある。 『特捜部Qー檻の中の女』は、本当に面白く読ませてくれたので、たった二日で読み終えてしまいました。 感動的なエンディングも用意してあるから、ミステリフアンでない方にもお勧めの本です。 吉田奈保古さんのこなれた訳も秀逸であることも附記しておきたい。