Read ó 武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新― (新潮新書) (Japanese Edition) ☆ eBook PDF or Kindle ePUB

Free download 武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新― (新潮新書) (Japanese Edition)

Read ó 武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新― (新潮新書) (Japanese Edition) ☆ eBook, PDF or Kindle ePUB è ❮BOOKS❯ ✮ 武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新―. 猪山家の人達って凄いなって読後改めて思いました。仕事を一生懸命する、子供にしっかりと教育を施す、祝い事等年中行事をしっかりと行う、親戚付き合いを大切にする。読んでいて当たり前のようなことに見えているものが、よくよく考えると凄いことなんだって気づく。現代だと、お金かかるから結納は無しでいいよね?結婚式はさ、親兄弟ぐらいで慎ましくやろっか?なんていうことができますが、昔はちゃんとしきたりを守らないといけないが故に、とにかくお金がかかる一番お金がかかったのは「葬式」だったようです。個人的にはお祝い事がこんなに大変だったとは思いませんでした。今では考えられませんが、お寺に18万円もお布施してるんですよ信じられないですよね。ちなみに神社には銀1匁=666円として、180円ぐらいらしいです笑それと、野菜や魚の勘定科目が食費ではなく生活雑費になっていて面白かったです。醤油や味噌は食費なのに草履やお駄賃なんかと同じ生活雑費に野菜や魚が含まれてるんです笑塵劫記が財産売却にあったのですが、書物が諸費用としてまとめて幾らとされていたので、塵劫記1冊が幾らで売れたのか知りたかった〜!

Read ê eBook, PDF or Kindle ePUB Ë 磯田道史

. 磯田さんの初期の頃の作品です。読んでいて感じたことは、最近出されている本と比べても、書き方も、磯田さんの訴えたいことも、同じようにかんじます。つまり、15年前の本であるのに、古さを感じない。正月にテレビで映画版「武士の家計簿」を先に見てから、この本を読みました。「無私の日本人」のように小説風に書いてあるのかと思いましたが、他の磯田本と同じく、古文書を元に解説されています。この本読んで、武士も大変だなと思いました。私は現代は超個人主義で、大変な時代に生まれたなとずっと思っていました。50年後も読まれる名作。

磯田道史 Ë 7 Characters

武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新― 新潮新書 Japanese Edition. 私は「鬼平犯科帳」で時代劇の楽しみの虜になり、「半七捕物帳」「銭形平次捕物控」「剣客商売」など次々と全巻読破いしています。そんな中で、時代考証の優劣は無論大きく存在しますが、それ以上に、通貨の価値と、一般の武士階級とその他階級の収入と支出を記述した部分で、時代考証以上にチャランポランになっているのが、日本の時代劇の特徴だと思われます。そんな問題意識を持ちながらも、そんなことは枝葉末節と読み飛ばしていたのが、偽らざる実情です。そんな日本の時代劇ジャンルに、まさに物差しを提供し、反省を即すかのような本書の価値は、大きなものがあると思います。この書を座右におきながら、時代劇を楽しんでいこうと新たな決意をしています。貴重な書物を提供いただき、ありがとうございます。