SUMMARY è Bakayaro economics (Jin ?? Shinsho 5) (2009) ISBN: 488380917X Japanese Import

CHARACTERS Bakayaro economics (Jin ?? Shinsho 5) (2009) ISBN: 488380917X [Japanese Import]

SUMMARY è Bakayaro economics (Jin ?? Shinsho 5) (2009) ISBN: 488380917X [Japanese Import] Ñ [Download] ➺ Bakayaro economics (Jin ?? Shinsho 5) (2009) ISBN: 488380917X [Japanese Import] By 竹内 薫 – Dcmdirect.co.uk 格差社会が拡大したのは、構造改革のせいです格差社会が拡大したのは、構造改革のせいですかA違います。日銀がデフレにしたせいです。消費税の引き上げは、財政再建と年金制度維持のためですかA違います。財務省の権力維持の.  この本が出たのが09年5月ですから、政権交代前ですね。 この本の続編が『 鳩山由紀夫の政治を科学する 』を標榜してるワケですが私は未読、鳩山政権も終わったし、小沢も一応身を引いたし、この本の出版された時点から状況は二転三転、四転くらいはしてますよね。だから古くなった情報もあるんだけど、まだ十分に読めます。 立場としては、私も先日読んだ『 日本経済復活 』なんかと同系列でリフレ派であり、いわゆる「上げ潮派」ということになりそうp238に図解あり。 本の造りはオフザケの空気濃厚ですが、内容はむしろ直球。聞き手の竹内が「ワタシ、ナンにも知らないんですぅ〜」って立場を強調するため小学生のコスプレで表紙にまで登場してたり、対談中にしばしば「バカヤロー」って叫んでタイトルを支えようとしてたり、かなりワザとらしい演出ですが、そこさえ我慢すれば確かに日本経済入門に悪くないかもただ、「知識ゼロ」ではさすがに無理でしょうw しかし普遊舎新書、ですか。いや、いいんですけど

REVIEW ✓ DCMDIRECT.CO.UK Ô 竹内 薫

?済の知識は一切不要。経済の根本定理・インセンティブ動機で読み解くだけで、日本社会のバカヤローな仕組みがよく分かる日本で一番簡単で役に立つ経済学入門書の決定版、遂に登?. 著者は小学生の初心者のはずが、先生の説明を聞いて、いきなり核心に触れる様な意見をいうそのギャップが結構わざとらしい。例えば、変動相場制と固定相場制の違いがいきなり物理でいう系のようなものという意見は、初心者では絶対に出ない。また変動相場制のもとで公共投資をして、ほとんどの利益をアメリカに持って行かれたというくだりがあり、それは戸を閉じているのと、開いているの違いだという図はあるが、なぜ変動相場制だと戸を開いているのと同じかという説明がない。そういうものだという前提で話が展開されていっているそれと逆の意味で中国の元にもふれているが、その説明もない。「そういうもの」に対しての納得のいく説明が欲しかった

竹内 薫 Ô 1 SUMMARY

Bakayaro economics Jin Shinsho 5 2009 ISBN 488380917X Japanese Importためです。民主党・小沢代表の秘書逮捕は国策ですかAよく分かりません。なぜなら、証拠がないからです。でも、この本を最後まで読めば、誰でも簡単に憶測できるハズです。難しい?.  信用創造というかマネーストックの話から始めているのですが、紙幣になっていないバーチャルなお金が減っていくのが不況だ、と説明するのはわかりやすい。次に国際金融のトリレンマの話になって『固定相場制』『独立した金融政策』『自由な資本移動』という3つの政策を同時に実現することができないことを説明する流れ。変動相場制だと公共投資をやっても、輸出が減って輸入が増えることになりますから、国内景気は一向に良くなりません。しかし、そのことに日本とドイツが気付くのに10年以上かかった。1978年のサミットで日本とドイツは世界経済の機関車だと言われてその気になってバンバン景気刺激策をやるんですが、助かったのはアメリカだけ。やっとわかったのが1990年代に600兆円突っ込んだ公共投資がまったく効かなかったことに気付いた時だっていうんですから、ちょっと情けないp34。 1994年に金利が自由化されて民間の銀行同士でお金が借りられるようになったから公定歩合はもうなく《国債や手形を買い取って民間銀行が持っている日銀の当座預金口座にお金を増やしてあげる》p48という量的緩和政策にとって代わられたのは、短期金利を下げられるのだから本質的には金利政策と同じという前提から、変動相場制のもとで景気を回復させるのには財政政策よりも金融政策が効果的だというマンデル・フレミングの法則に持っていく流れもスムース。 自民党が予算委員会で民主党に乗数効果が分っていないと文句をつけたことがありましたが、だいたい公共投資をやっても、いまは乗数効果なんて期待できない、というのがよくわかります。