World of anti-Japanese Cartoon -! Beware the dubious comic ideological covered (Jin ?? Black Books 7) (2008) ISBN: 4883807762 Japanese Import characters ↠ 4

review World of anti-Japanese Cartoon -! Beware the dubious comic ideological covered (Jin ?? Black Books 7) (2008) ISBN: 4883807762 [Japanese Import]

World of anti-Japanese Cartoon -! Beware the dubious comic ideological covered (Jin ?? Black Books 7) (2008) ISBN: 4883807762 [Japanese Import] characters ↠ 4 Ï [PDF / Epub] ☆ World of anti-Japanese Cartoon -! Beware??国内外の人気漫画に隠された反日思想を?. 取り上げているマンガでまともな(?)反日マンガは、雁屋哲、石坂啓、反日流くらいです。石坂啓はすでにマンガ家としての生命を終えていると思うので、メジャーなマンガは原作者雁屋哲くらいでしょうか。他に取り上げているのは、はだしのゲン、光る風(山上たつひこ)、DAWN(倉科遥、中谷D)、明らかに非商業的なマイナーマンガなどである。DAWNは、倉科遥の原作としては、明らかなマイナー失敗作、反米、反小泉政権は明確であるが、反日とは言いかねる。「光る風」はストーリーを紹介しているだけ。「はだしのゲン」は呉智英の高評価への異論(呉智英は、大学ではだしのゲンについて、詳細な講義を行っているらしいが、テキストとして公表していないようなので、反論とまではいえないと思う)。いずれも反日マンガなのか?と思う。聞いたこともないような自費出版マンガなど取り上げられても、面白くもなんともないし、原爆の恨みつらみをメインとするマンガを反日にくくるのもどうかと思う。反日マンガとは「偏った歴史観に基づいた反日的、反体制的イデオロギーがにじみ出ているマンガ」ということであるが、反日と反体制が相反することもある。そういったことを考慮していないせいか、特に古いマンガへの評価が非常に混乱している。個人的に雁屋哲というちょっと変なマンガ原作者に「馬鹿マンガ」的な観点から興味があったので、彼の思想的な背景について、わりと詳しく書かれていることを評価して星2つです。

Summary Ð PDF, DOC, TXT or eBook ´ 唐沢 俊一

『美味しんぼ』の山岡士郎が日本に謝罪請?. 最近、頻繁に見かけるようになった反日プロパガンダ啓蒙本ですがレビュアーの質にバラつきがある印象を受けました。特に美味しんぼを担当した中宮崇のレビューが一番下劣で酷い。例えば、美味しんぼには主人公の山岡士郎がマッキントッシュをさんざん持ち上げ、ウィンドウズを必要以上にけなす回がありましたが、レビュアーの中宮はマッキントッシュがウィンドウズよりも高価な点だけに着目して、原作者にしてマック信者の雁屋氏を、おごり高ぶる金持ちとレッテル張りをしています。イタいマック信者という批判ならば当を得ていますが、このような論理の導き方はあまりに強引でこじつけ以外の何ものでもありません。ドライビールの項でも同様の指摘がなされていますが、先のマッキントッシュと同じく、安価なドライビールを非難する雁屋金持ちの傲慢、と芸の無い連想ゲームに終始しています。中宮が日頃から嘲笑している、金持ち悪、貧乏人善というサヨクの単純な階級史観にそっくりだと感じたのは私だけでしょうか。極めつけは海原雄山の名台詞「馬鹿どもに車を与えるな」にかこつけて「原作者である雁屋の本音がうっかり出てしまったものと解釈できる」と何の証拠も無しに決め付ける所でしょうか。作中の登場人物が他者を見下す台詞を発すれば、原作者の心情を吐露したものだ、などという断定はチンピラの言いがかりにすら劣ります。他にも超能力者が出てくる回での非現実的なシーンを揶揄したり超能力なんだからリアリティが無いのは当たり前だ反日とは関係の無い部分にまで誹謗中傷を繰り返す中宮の論調があまりにも下品だったので評価を低くしました。人格攻撃とおぼしき表現も頻繁に出てきますし。ただ、唐沢俊一氏のはだしのゲンレビューはお金を出して読むだけの価値は十分にあります。また、美味しんぼのパロディ「売国しんぼ」は馬鹿馬鹿しくて最高です。その点を評価して☆2つ。

唐沢 俊一 ´ 4 Free read

World of anti Japanese Cartoon Beware the dubious comic ideological covered Jin Black Books 7 2008 ISBN 4883807762 Japanese Import?き出す あなたの心を蝕む反日マンガの恐?. 本の狙いとか主旨はいいと思うのだけど、何でわざわざこの人を書き手に呼んできたの?というのが約一名。他のレビュアーの方も書いていますが、中宮崇氏の批評家(ライター?)としての質の低さ(仕事の出来なさ加減)は目に余りますね。分析的に論ずる能力がないなら、罵倒でもいいからもう少し面白く読ませる文章力はないのでしょうか?唐沢氏のレビューは確かに面白いので、中宮氏のために、本全体のレベルが低く見られるのは残念。