世界超恐慌の正体【コーポラティズム vs 国民国家の最終戦争】 (晋遊舎新書 S08) Download ↠ PDF DOC TXT eBook or Kindle ePUB free

Read 世界超恐慌の正体【コーポラティズム vs 国民国家の最終戦争】 (晋遊舎新書 S08)

世界超恐慌の正体【コーポラティズム vs 国民国家の最終戦争】 (晋遊舎新書 S08) Download ↠ PDF, DOC, TXT, eBook or Kindle ePUB free ✓ ❰Reading❯ ➽ 世界超恐慌の正体?、 この体制下では必然的に政府と癒着した一部の大企業・株主・経営者に富が集中します。 それを打破するには我々国民を主権者とする国民国家の権力国家権力を使うしかありません?. お金、経済の歴史を特にアメリカ、日本を中心に記述。今まで無関係に並んでいた史実が、裏の事情を知ることで目が覚めるように繋がってゆく。学校の歴史の教科書に採用して欲しいくらい。世界の二大リスク(世界超恐慌、中東大戦争)、日本の三大リスク(原発、消費税増税、TPP)。非常に豊富な内容なのに、理解しやすい。読者を専門用語や説明不足の中に置いてけぼりにしない。この平易さ、説得力が著者の最大の持ち味か。個人的に最終章中の「ラテンアメリカのレジスタンス」に、非常に勇気づけられた。新自由主義、コーポラティズムに私たち99%が勝つ道もあるのだ。

Read Å PDF, DOC, TXT, eBook or Kindle ePUB free ´ 安部 芳裕

?配」であるとすれば、現在の戦争はコーポラティズム vs 国民国家のステルス・ウォー見えない戦争と言えます。 コーポラティズムとは、大企業と政府が一体になった国家運営体制を指?. 1%対99%の多々かについて、よく理解できます。㈱超貧困大国アメリカと併せて読めばグローバル化は誰のために進められているのかさらに判ります。

安部 芳裕 ´ 2 Characters

世界超恐慌の正体【コーポラティズム vs 国民国家の最終戦争】 晋遊舎新書 S08世界中で繰り広げられている% vs %の戦い。 私たち「%」はこのまま奴隷化して生きていくしかないのか いや、そうじゃない 「%」が恐れる不都合すぎる真実がここにある 戦争の目的が「?. タイトルがなにやら怪しい感じがしますが、中に書いてあるのは整然とした文章で、今日本が抱えている問題やこれから起こるであろう課題を丁寧に説明しています。歴史問題から原発の問題までこれ一冊でまとめてあるのは良いですね。若い方に読んでもらいたい本です。