review ¼ 日本語おもしろい―脳にウケるたのしい雑学 (WIDE SHINSHO 118) (新講社ワイド新書)

download 日本語おもしろい―脳にウケるたのしい雑学 (WIDE SHINSHO 118) (新講社ワイド新書)

review ¼ 日本語おもしろい―脳にウケるたのしい雑学 (WIDE SHINSHO 118) (新講社ワイド新書) ´ ❂ [EPUB] ✺ 日本語おもしろい―脳にウケるたのしい雑学 (WIDE SHINSHO 118) (新講社ワイド新書) By 坪内 忠太 毎日あたりまえに使っている日本語は、私たちにとって空気のようなものですが、そこに、少しだけ疑問をはさんでみると、意外な由来や意味があり、おもしろい世界が広がっています。そんな言葉を個?.

download ✓ eBook or Kindle ePUB ¿ 坪内 忠太

??めました。●下手な役者を、なぜ大根というか●図抜けてすごいことを「超ド級」というが、この「ド」とは何●長崎チャンポンの「チャンポン」とは●「敗軍の将、兵を語らず」の兵は部下ではない●.

坪内 忠太 ¿ 3 read & download

日本語おもしろい―脳にウケるたのしい雑学 WIDE SHINSHO 118 新講社ワイド新書なぜ、十八番と書いて「おはこ」と読む●雷が鳴ったとき、なぜ「くわばらくわばら」と言う●「うれしくて鳥肌が立った」はちょっと変 他。 あらためて、「日本語って、おもしろい」と思える本です。.