SUMMARY わたしのブックストア(文庫) (アスペクト文庫) 107

CHARACTERS わたしのブックストア(文庫) (アスペクト文庫)

SUMMARY わたしのブックストア(文庫) (アスペクト文庫) 107 ¼ ❰Reading❯ ➸ わたしのブックストア(文庫) (アスペクト文庫) Author 北條一浩 – Dcmdirect.co.uk 亀が8匹&望遠鏡もある本屋、100号以上も手書き新聞を作り続けるい「小さな本屋」を全国を渡り歩いてご紹介。単行本刊行時に読書界で話題を呼んだ新感覚ブックストアガイドを、大幅な書き下ろしも加えた新. 東京と京都の本屋さんが中心ですが、さらっと地方の本屋さんも紹介されていて参考になります。本を紹介した本、雑誌の特集、参考文献などで自分の興味がありそうな本を発見できますが、この本で紹介された本屋さんに行けば今まで手を出さなかったジャンルの本に出会えそうな気がします。実際に店舗に行って、それからまたこの本を見返したら面白いと思います。

SUMMARY ☆ eBook, PDF or Kindle ePUB ☆ 北條一浩

亀が匹&望遠鏡もある本屋、号以上も手書き新聞を作り続ける新刊書店、呑みながら読む古本酒場お店というより友人のような、新しくも懐かし. 紹介されている本屋を訪ねて周りたくなった。それくらい、どの本屋さんも魅力的に描かれている。文庫だし、サラサラっと読めちゃう。電車のお供にオススメ。

北條一浩 ☆ 7 SUMMARY

わたしのブックストア(文庫) アスペクト文庫編集のもとに、待望の文庫化。又吉直樹(ピース)特別インタビュー、岡崎武志&小山力也(古本屋ツアー・イン・ジャパン)特別対談も収録。. 街の本屋さんの店主さんに直接インタビューをしているような気持ちになる、店主さんに親近感を覚えます。お出かけや旅行の目的のひとつに、ここに載っている本屋さんに立ち寄ることが入る。そんな気持ちになります。京都の恵文社一乗寺店は、この本をきっかけに訪ねました!