Sekai no kahanshin keizai no karakuri review ´ 103

門倉 貴史 ✓ 3 free download

Sekai no kahanshin keizai no karakuri review ´ 103 ´ ❮PDF❯ ❤ Sekai no kahanshin keizai no karakuri Author 門倉 貴史 – Dcmdirect.co.uk 下半身が動くと、なぜ世界は潤うのか 快楽としてのセックスが社会に抑圧された結果、金銭を伴うセックスが産業として成?から、世界経済のカラクリ、つまりセックスビジネスのマネーの流れをつかむ。すると、各国の売春産業の市場規模、先進国と後進国の下半身経済による?. 人として切っても切り離せない問題をこのような切り口で発表している点は、おもしろい。

characters Ú eBook or Kindle ePUB ✓ 門倉 貴史

?ながりの構造までが見えてくる。本書は、エロだけではかたづけられない「下半身」を通じて、この世界をわかりやすく斬ってみせた画期的な一冊である?.  著者の門倉貴史さんは、1971年1030生まれ、経済評論家で日本における地下経済について詳しく、その方面の著作も多数あります。 また、最近は、ホンマでっか!?TV に出演するなど、TV、マスコミへの露出も多いようです(意外と若いのにびっくりしました!!)。 本書は、門倉さんの主要な研究テーマである、地下経済に関する本で、人間の下半身にスポット・ライトをあてたものです。 この人間の下半身に関しては経済データがほとんどないし、また、整備もされていません・・・当然といえば当然ですよね!また、データがあってもこの類のものは正確なはずがないし、ほとんどは推定値になります!・・・ ということで、門倉さんは、数多くフィールド・ワークをし、足で稼いだデータを基に、この本を著しています。 全体は、全6章に分かれていて、第1章では、セックス産業は、開発途上国にとっては重要な産業であることを述べ、その反面、HIV感染の増大、そして、その予防には日本のコンドームが有効であることを述べています。・・いわば序論です! 第2章以下が本論です。日本におけるセックス産業は、ソープランド、SM嬢、ファッション・ヘルス、イメクラ、デリヘル、ピンク・サロン、援助交際・・・・等多数ありますが、その各々についての説明、経済規模などが述べられています。 ここで、足で稼いだデータが活用されているわけです。ちなみに、ソープランドの経済規模は9285億円になるらしいです。 続いて、日本で売春婦として働く外国人女性・・・フィリピンパブ、アジアンエステ、などについて書かれています。 次は、世界各国のセックス産業、アジアのセックス産業です。ちなみに、お隣の韓国では、2002年時点で約33万人の女性が売春関連産業に従事しているらしいです。しかし、売春禁止法が施工されて以来、韓国を脱出し、その活動拠点を売国、カナダ、日本などに移しているようです。 そして、最終章では、日本のポルノ規制、売春禁止法の見直しについて触れ、性教育の充実、偽バイアグラ問題にまで話が及んでいます。  確かに面白い本だと思います。しかし、フィール・ドワークをいかに多くし、足でデータをかせいでも、やはり、あくまで数値は推測値域を出ません。そのあたりが最大の難点だと思います。 最後に、本書は、以前、単行本で出ていたものをデータを最新化して、加筆し、文庫化したものです。

read & download Sekai no kahanshin keizai no karakuri

Sekai no kahanshin keizai no karakuri下半身が動くと、なぜ世界は潤うのか 快楽としてのセックスが社会に抑圧された結果、金銭を伴うセックスが産業として成立した。そのセックスという視?. 仕組みが覗けた気がします。かなり興味深く読みました。利用者側ではなく、一員になってみたい気がします。