Free read Ê 弱者の兵法―野村流必勝の人材育成論・組織論 (アスペクト文庫 B 10-1) ✓ E-book or Kindle E-pub

Read ¶ E-book, or Kindle E-pub Í 野村 克也

弱者の兵法―野村流必勝の人材育成論・組織論 アスペクト文庫 B 10 1Amazing PDF 弱者の兵法―野村流必勝の人材育?. 野球は詳しくありませんが、東京の講演会に参加した際、岡崎勉明氏が紹介していて興味を持ちました。試行錯誤とはこういうことだと、どうしても野球で食べていくと必死になった野村克也監督の変遷を知ることができました。自分の弱いところは人が教えてくれる。そこを拾って自分なりにトレーニングを積んでいく。結局は結果が出なければ後がない、その追い込む強さが野村監督の組織をまとめていく強さなのかなと感じました。

Free download 弱者の兵法―野村流必勝の人材育成論・組織論 (アスペクト文庫 B 10-1)

Free read Ê 弱者の兵法―野村流必勝の人材育成論・組織論 (アスペクト文庫 B 10-1) ✓ E-book, or Kindle E-pub ´ ➝ 弱者の兵法―野村流必勝の人材育成論・組織論 (アスペクト文庫 B 10-This is the best favorite book with over readers online he. 社会人ならだれでも役に立つ解決方法が満載。特にリーダー的な立場の人には参考になる。2回は読みたい一冊です。

野村 克也 Í 9 Free read

??論・組織論 アスペクト文庫 BBy 野村 克也. 球界の人間の著書でゴーストライター使っていないことが前提なら、野村さんに勝る本はないはずです。それほどまでこの方の理論はしっかりしているし、野球だけではなくあらゆる分野に応用が出来るエッセンスが詰まっています。野球を専門としながらもその根底には「人間教育が最も大切である」という理念を置いている点が凄い。この本では前半では主にオリンピック等の国際試合で戦う日本代表チームを総括。韓国・米国・キューバに敗退した2008年の北京オリンピックの敗因を・データの不活用・調子のいい選手を起用せず、調子のよくない選手に拘った起用法・選手に中心となる存在がなく、求心力に乏しかった点・球界をあげてのバックアップ体制の不徹底などを指摘している。野村さんは監督時代は「服装の乱れは規律の乱れ」と捉えて、選手の長髪・髭は一切認めていなかった。こういったことは「目立ちたい・注目されたい」という自己顕示欲の表れであり、ロクなものではないと断じている。野球選手はプレーで目立てばいいのである。グランド外の関係ないことで目立っても仕方ない。野村さんに言わせればイチローですら「真のプロではない」らしい。・サングラスをかけてかっこ付け。・チームの移動で1人だけ別行動。・飛行機内で出会っても挨拶もしない。・インタビューや記者の質問にまともに答えようとしない。こういった態度は自分のプレーだけしていればいいという考えが根底にあるからであり、よーするにチームのことは考えていない。自分勝手ということなのである。野村さんの現役時代の頃は「ON(王・長嶋)」に代表されるように自ら他の選手の手本となるべき一流選手の存在があり、彼等が率先して行動の範となっていたので、規律もおのずから守られていたそうだ。だが、残念ながら現代ではそれがないことを嘆いている。選手として野村さんが絶賛しているのは・稲尾和久投手(元西鉄)であり、野村さんの評価では最高の投手は稲尾氏になる模様だ。現役では試合を怪我をしても休まず出場し続ける阪神の金本を絶賛。正にチームの中心たる存在であると!(但し・・・・最近の金本選手は老害だとファンからでさえ批判されているのだが・・・・・)現代球界は野球論議を真剣に交わせるのは「野村さんと中日の落合監督くらいらしい」。王・長嶋さんですらその点では野村さんに満足を得るものでないようです。そもそも野村さんは「天性の素質でプレーしてきた選手は監督やコーチには不適」だと見ている。彼等は多くを占める凡人が「努力して一流になっていく」ことについて具体的なアドバイスや指導ができないと指摘。自分自身の経験上でしか話せないので、応用が出来ないし、知力で補うという考え方が根本的にない。確かに、スター選手は監督に不適という点には同意する。「名選手名監督足りえず」。野村さんはその点、才能では劣っていたが努力とデータ活用という知力で今日の地位を築いてきた。だから、自分と同じような才能では劣る一般人選手にも生き残るための活路を切り拓く術を教えられるのである。本来は野村さんのような方こそが監督やコーチとして適しているのだが、日本球界は監督を「選手時代の実績やネームバリュー、オーナーの意向等で決める悪しき風習が蔓延している」という。しかも一年で結果を求められ、先を見据えたチーム造りができない。コーチ経験が一切ない人間をいきなり監督にして成功すると考えるのは通常はおかしいのだが・・・・。名監督の条件1優勝回数2人望3度量4風格5言葉6判断力と決断力7知識であるそうだ。つまり実績・考え・知力・知識とあらゆる条件を兼ね備えていなければ名将とは呼べないのである。私が共感するのは現代ベースボールには品のないことをする風潮がある点だ・汚らしいヤジ・乱闘・デッドボールに対する報復いずれも野村さんの品格からすれば「最低」だということだ。野球選手はグラウンドでプレーで白黒付ければいいのだが、勘違いしている選手・監督・コーチが多い。それは球団としての体質・品位の悪化にも繋がるという。球界の劣化は思いのほか激しいらしい。まだまだ現役でいていただきたい。多くの人材を輩出していただきたい。そう願わずにはいられない著者である。