円が消滅する日 (日文新書) characters à 104


Read & Download 円が消滅する日 (日文新書)

円が消滅する日 (日文新書) characters à 104 ✓ [KINDLE] ❄ 円が消滅する日 (日文新書) ❦ 山田 順 – Dcmdirect.co.uk 『出版大崩壊』『資産フライト』でセンセーショナルを巻き起こした著者の、衝撃の最新刊! もはや日本の国家破産は避け『出版大崩壊』『資産フライト』でセンセーショナルを巻き起こした著者の、衝撃?. いわゆる日本の財政危機本です。この種の書籍、最近では星の数ほど出版されるようになりましたが、基本的に著者は悲観的で、財政破綻のその日を「Dooms day」と呼び、不可避であることを前提に書いています。既存の本と少し異なっている点は、彼女が非常に悲観的であり、ジャーナリスト的な観点から大袈裟に煽っているようにも見えることです。章によっては、理論的な裏付けにはやや乏しいかな、といった感があります。例えば、「日本人は・・・お金がお金を生むということに関しては・・・嫌悪感を抱く」、といった根拠のよくわからない先入観による記述や(今時そんな日本人居るんでしょうか)、「日本の高い貯蓄率が高度経済成長を支えたというのは全くの錯覚」、といった経済理論の無知から来る記述が散見されます(貯蓄が投資財源となって高度成長するというのが開発途上の国のセオリー)。ただ、現状の財政ジレンマ、増税の効果、過去の破綻国の事例紹介、IMFレポート等がそれなりに丁寧にまとめられているのは良いと思います。私は日本の財政には懐疑的なのですが、主要なテーマに沿って自分の考えと比較しながら読めたので、読み応えはありました。しかし、財政破綻は意見の二分されるテーマですので、筆者と真っ向から対立する意見を持つ人がこれを読むと、ただの感情的な悲観論、という印象を強く受ける可能性があります。

円が消滅する日 日文新書『出版大崩壊』『資産フライト』でセンセーショナルを巻き起こした著者の、衝撃?. いわゆる日本の財政危機本です。この種の書籍、最近では星の数ほど出版されるようになりましたが、基本的に著者は悲観的で、財政破綻のその日を「Dooms day」と呼び、不可避であることを前提に書いています。既存の本と少し異なっている点は、彼女が非常に悲観的であり、ジャーナリスト的な観点から大袈裟に煽っているようにも見えることです。章によっては、理論的な裏付けにはやや乏しいかな、といった感があります。例えば、「日本人は・・・お金がお金を生むということに関しては・・・嫌悪感を抱く」、といった根拠のよくわからない先入観による記述や(今時そんな日本人居るんでしょうか)、「日本の高い貯蓄率が高度経済成長を支えたというのは全くの錯覚」、といった経済理論の無知から来る記述が散見されます(貯蓄が投資財源となって高度成長するというのが開発途上の国のセオリー)。ただ、現状の財政ジレンマ、増税の効果、過去の破綻国の事例紹介、IMFレポート等がそれなりに丁寧にまとめられているのは良いと思います。私は日本の財政には懐疑的なのですが、主要なテーマに沿って自分の考えと比較しながら読めたので、読み応えはありました。しかし、財政破綻は意見の二分されるテーマですので、筆者と真っ向から対立する意見を持つ人がこれを読むと、ただの感情的な悲観論、という印象を強く受ける可能性があります。

Read & Download Ü PDF, DOC, TXT or eBook Ù 山田 順

円が消滅する日 (日文新書) ☆ ?ゆる論を完全否定する著者が、数年後に迫る「円の終焉」に真正面から切り込む。. 円が消滅する日 日文新書 内容は悪くないと思いますが、著者の方もブログでお書きのように、反論も多いようです。私は個人的に日本の財政は破綻すると思っているので、今後の参考にしながら読ませていただきました。破綻時、銀行破綻や預金封鎖は想像していることでしたが、よくよく考えれば、証券会社の資産もそれほど安全とは言えないなと気づかせてもらえました。具体的なアドバイスに関しては、ほとんど紙面をさかれておりませんので、そちらに興味のある方は別の本に目を通される方がいいかと思います。 Read & Download Ü PDF, DOC, TXT or eBook Ù 山田 順

山田 順 Ù 4 characters

山田 順 Ù 4 characters ??最新刊! もはや日本の国家破産は避けられない――。 日本の復活を唱えるあ?. 本屋で平積みされていたのを立ち読みしただけで、内容は読んでいない。それでも前書きだけで読むに値しないとわかる本。著者は前書きで「日本はもう引き返せる分岐点を超えた」「必ず破綻に向かう」「自分は日々怯えて暮らしている」「誰も解を持っていない」という。だったらさっさと日本を飛び出し、どこへでも逃げればいい。それを、対策案も持たないくせに、日々汗水たらして歯を食いしばって働いている人の気持ちをわざわざ損ねるような本を出すとは何事か。また、「まだどうにかなると思っている楽観的な人はこの本を読む必要はない」とも言う。著者自身、どうしたらいいかという案を持っていないから、当然対策など書いてもいない。従って、これは評論などではなく、ただの愚痴に過ぎない。「ジャーナリストは報道するのが仕事であって、対策を考えることは仕事ではない」と言うのならあまりにも無責任すぎる。誰かを何かを批判することなら誰でもできる。こういう行為が国民と社会をダメにすると分らないのか。政治を批判しながら、やってることは「反対のための反対」をしている政治家と一緒だ。「ジャーナリスト」の肩書の元、ご丁寧に緻密な裏取りをして、読者の不安を煽るだけなら何の意味もない。具体案がないのなら、著者がすべきなのはこんな本を書くことではなく、ただ口をつぐんで黙っていることだ。でなければとっとと国外へ逃亡すればいい。ジャーナリスト気取りの、小心なだけのオヤジの愚痴を、時間とお金を使って聞いてやるほど日本国民は暇でも裕福でもない。バカバカしい。こんな本を出版した著者と出版社の良識を疑う。星ゼロ。