SakkaÌ„ dairinin : Sekai o tobu iseki koÌ„shoÌ„ no butaiura Read & download ´ PDF eBook or Kindle ePUB

Summary Sakkā dairinin : Sekai o tobu iseki kōshō no butaiura

SakkaÌ„ dairinin : Sekai o tobu iseki koÌ„shoÌ„ no butaiura Read & download ´ PDF, eBook or Kindle ePUB É ❮KINDLE❯ ❄ SakkaÌ„ dairinin : Sekai o tobu iseki koÌ„shoÌ„ no butaiura ❁ Author ロベルト 佃 – Dcmdirect.co.て明かす。また、代理人だからこそ知っている世界のサッカーの意外な現状、日本サッカーの未来までを論じ、「サッカー代理人」とはいかなる仕事なのかを、初めて明かした1冊である?. サッカー雑誌などをよく読む読者にとっては既知の情報ばかりだと思われる。契約があるのだからベラベラ内幕を書けるはずがなく、当然そうした暴露興味に耐える内容にはならない。ただし、サッカービジネスにおいてこうした職業があるのだ、というガイド本として見るならば、「1冊にきちんとまとめました」という姿勢は評価して良いのではないか。

ロベルト 佃 Ã 6 Download

中村俊輔、長谷部誠、長友佑都、岡崎慎司、阿部勇樹ら、日本を代表する多くのサッカー選手たちの代理人を務めているのが著者である。 長友のインテル移籍をはじめとする日本人選手の?. サッカー選手の代理人がクラブや選手に対しどのような事をしているかをまとめた一冊です。特に日本のサッカーの発展に伴い海外リーグに移籍する選手の交渉事を中心とし、具体的な事例も含んだ内容になっています。また、サッカー全般に対する意見や現状考察、サッカーを超えた代理人として世界で仕事を行うためにどういった事が必要になってくるかなどについても簡単にまとめられています。選手を含むサッカービジネスにいる人間は協会やクラブなど特定の組織や閉鎖された世界における暗黙の了解や規制などの影響下にいることが多いので、本などの公共に与える情報は中身のない内容になっていることが多いですが、この本に関しては、FIFAからの公認資格を保有し、選手個人やクラブの担当者と独自に築いたネットワークで仕事をしている著者なので、ある程度しがらみなく語られていると思いました。もちろん下衆な暴露話ではなく、選手と密接な関係を築き、各クラブに精通している人だからこそ知り得たエピソードであり、いくつかはそんな事を話しても良いのかなと思いました。これは著者が日本にルーツを持ち文化や言葉に精通しているとは言え、そのベースが南米にあるからなのかと思います。本の内容について概ね好印象ですが、全体的にきれいな部分だけを見せ、自分たちを自己肯定している印象を受けました。はっきり言ってサッカーに限らず交渉は公には語れないダークでタブーな面が多分に含まれています。そういった自らの暗部については一切語られていません。これでは代理人の仕事としては半分以下の内容ではないでしょうか。また、選手からの信頼という一番重要で大事な部分を損なう恐れがあるので本で語るのは難しいと思いますが、明確に失敗を語る事はなくそれを臭わせる部分についてもタイミングや運で片付け、自分たちはベストな仕事をしたという自己肯定な印象を受けました。他のレビューに寄せられていますが、某選手の移籍について本書で言っている代理人としてのビジョンと実際に著者達が行った事は真逆なのではないかと思います。以上、厳しい意見も言わせてもらいましたが、サッカーに興味がある人はもちろん交渉事について興味のある人にオススメできる本だと思います。いずれにせよ、代理人にサッカー以外の手続き事やメンタルサポート、身の回りの世話だけでなく家族の世話もしてもらい、引退後のケアまでしてもらえるプロのスポーツ選手は非常に恵まれており幸せだと思います。

Download ✓ PDF, eBook or Kindle ePUB Ã ロベルト 佃

SakkaÌ„ dairinin Sekai o tobu iseki koÌ„shoÌ„ no butaiura??外移籍交渉を数多くまとめてきた著者が、これまで語ってこなかった海外移籍交渉の舞台裏や、どのような選手が世界で通用するのかといった、選手の可能性を見抜く「プロの目」につい. 「魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)するヨーロッパ市場では、ライバルの妨害工作の中で、非常に困難な交渉を強いられる場面は数多く存在する」。サッカー代理人の実際の仕事や、その視点から見たヨーロッパや日本サッカー界について説明している本。著者はアルゼンチン生まれの日系三世。横浜マリノスで通訳として働いたことがきっかけで中村俊輔がイタリアへ移籍したときの代理人を務め、その後は、長谷部誠、長友祐都、岡崎慎治、阿部勇樹他、多くの日本人サッカー選手の海外移籍の道を切り開いてきた。具体例は多くないが、ヨーロッパ各クラブとの交渉の舞台裏で学んだことを語っている部分は面白い。例えば、やり手のGMは手ごわいと思われがちだがそうではなく、能力のある人間は不必要に恐れることが無くて判断力もあるからむしろやりやすいそうだ。ドイツやイギリスは約束をきちんと守るが、ラテン系の国は1時間の遅刻は当たり前で、しかも笑顔で現れる。FAXなんか送っても見ないでシュレッダー行きだから、必ず電話する必要があるという。いずれにせよ、交渉ごとで楽観視して良い結果に至ったことは一度も無い、と断言している。日本で評価の高いスペインリーグについて、少々辛口なのは意外だった。理由は各チームの近年の財政事情。金銭が絡む交渉を手掛ける代理人らしい視点だと思った。選手のプライベートにかかわる話は少ないが、例えば長友については、移籍した最初の頃にイタリア人と1時間も談笑してるのを見かけて凄いなと思ったら、3つくらいの単語しか使ってなくて、この選手は日本人だけどラテン系だと思って感心したと書いている。移籍を希望する選手はじっくりりサーチし、特に長所を中心にアピールするのだそうだ。紹介ビデオの作り方や、成功するタイプの所見も述べている。近年、日本人選手のヨーロッパでの評価は高まっているが、売り込みに行けば話しを聞いてくれるようになったのであって、向こうから積極的に探しにくることはあまり無いという。FIFA公認代理人になる方法にも触れている。