野村の「監督ミーティング」 (日文新書) review ☆ eBook or Kindle ePUB

read 野村の「監督ミーティング」 (日文新書)

野村の「監督ミーティング」 (日文新書) review ☆ eBook or Kindle ePUB ✓ ❮Ebook❯ ➬ 野村の「監督ミーティング」 (日文新書) ➭ Author 橋上 秀樹 – Dcmdirect.co.uk 名将・野村克也の秘密は、その「ミーティング」るものだったのか野村監督の了解もいただき、本書ではその秘密がはじめて公開される。組織論からリーダー観、人材育成術、人生哲学数々の弱小集団を立て直し、多くの選手の能力を開花させてきたエッセンスがそこにある. もっと具体的に野村の考えを書くか、野村の考えを著者がどう昇華させて自らのコーチ業に活かしたか書いて欲しかった。例えば、24ページ。野村監督は〝変わらずに失敗した人間はたくさんいたが、変えて失敗した人間はほとんどいない゛と知っていた。これなど、野球以外の世界でも大いに当てはまる真理ではないか。例を挙げながら書いてあれば、もっと分かりやすかったと思う。もちろん、いくつかは学べた。・野村監督は結果でなかく、プロセス重視だった。 なぜなら、結果を追い求めると、良い結果がでないことが多く たまたま出た好結果では、勝利や成功への方向論は蓄積されないから。(31ページ)・霜村英昭という朝から晩まで練習漬けの選手がいたが 1軍では活躍できなかった。 それは目標設定がうまくなかったから。(42~43ページ)・プロに入ってくる選手が2割5分打つのは決して難しいことではないが 3割打つのは容易ではない。 100打席で計算したときのヒットの数の差は、 わずか5本であるにもかかわらず(126ページ)手の内を明かせないことが関係しているのかもしれないが、抽象的な話が多かったのは残念だった。

橋上 秀樹 ↠ 3 download

名将・野村克也の秘密は、その「ミーティング」にあった著者は、ヤクルト、阪神、楽天と球団で、のべ年間にわたって、野村監督の教えを受けてきた愛弟子である。とくに楽天ではヘッドコーチとして、監督を間近で支えて. のむさんの教えは凄いですね。仕事、プライベート、いろんなことに役立っています。

free download º eBook or Kindle ePUB ↠ 橋上 秀樹

野村の「監督ミーティング」 日文新書きた。著者いわく、野村監督と他の監督のいちばんの違いは、そのミーティングにあるという。ヤクルト、阪神、楽天と、常にマイナーチェンジを加えながら選手たちに野村監督が説き続けた「監督ミーティング」とはいかな. サラリーマンであっても、今のように管理されたシステムの社会であっても彼の生きざま・考え方は参考になると思います。ぜひ一読してください。