DOWNLOAD 四国遍路を歩く―もう一人の自分に出会う心の旅 (日文新書) 107

SUMMARY 四国遍路を歩く―もう一人の自分に出会う心の旅 (日文新書)

DOWNLOAD 四国遍路を歩く―もう一人の自分に出会う心の旅 (日文新書) 107 Ä [PDF / Epub] ☁ 四国遍路を歩く―もう一人の自分に出会う心の旅 (日文新書) ✎ 佐藤 孝子 – Dcmdirect.co.uk Popular Ebook, 四国遍路を歩く―もう一人く―もう一人の自分に出会う心の旅 日文新書 by 佐藤 孝子 please download or read online here.  女一人歩き遍路の体験記である。特に理由もなく、「ひらめき遍路」であったという。中年で退職、ただなんとなく四国遍路に憧れ、取り憑かれたように。 42日通し遍路の後にも、一年も経たないうちに、また何回かに分けて遍路に出ているという。一生「お四国病患者」でいようと決めているという。「人生は遍路なり」という言葉が実感されるともいう。  本書は、その最初の遍路をふり返り、思い出に残るところは特に詳しく生き生きと表現している。第3番金泉寺門前でお賽銭袋を接待でもらって感激する。老女「お接待はもらわないかん。お母さんはお元気か、それやったら、おみやげにもう一つもっていってや」  22番から民宿までそれまで、何度か「次の札所まで乗っていきませんか」と声をかけてもらいました。しかし、「歩いていますので、お気持ちは、ありがたくいただきます」と断っていました。「いま、声をかけてもらったら〈合掌〉してのせてもらうのに」まったく勝手な話です。  結願の日にいよいよ大師堂に向かいました。手を合わせ、般若心経を読みながら声が震えています。目の裏がうるみ、口の中が乾いて、足元から体が揺らいできます。体が薄っぺらくなって透きとおり、風が吹き抜けていくようでした。しかし、なにかがいっぱいに満ちている気もしました。満足でした。感謝、感謝。ただ感謝。   

佐藤 孝子 ä 7 DOWNLOAD

Popular Ebook 四国遍路を歩く―もう一人の自分に出会う心の旅 日文新書 by 佐藤 孝子 The. 佐藤さんの御本は何冊も読みました。四国遍路に、そして弘法大師に(はまった!!)著者の気持ちが伝わってきます。

FREE DOWNLOAD ✓ eBook, PDF or Kindle ePUB ä 佐藤 孝子

四国遍路を歩く―もう一人の自分に出会う心の旅 日文新書Re are many interesting things in this book readers are very amazed by the contents of the book 四国遍路を歩.  著者は40歳目前で小学校教師を辞め、四国遍路に出た女性で、42日間かけ、すべて歩きでまわり通したという。そののちは遍路関連書を多く手がけている。 本書は、遍路をするうちに自分の心と体が変化していく点に焦点を当てた旅行記。お接待をしてくれる沿道住民とのふれあいを通して、ものの考え方がハッキリと変わっていくさまが興味深い。また、身体の怪我や不調もいつの間にか改善されていく。 不思議だが、ひたすら歩くことには、心身を見つめ直し、変質させるような効果があるのだろう。 巻末には遍路をする際の注意点が列記されている。トイレ、費用、犯罪の危険など。 88ヶ所のガイドブックというわけではないので、実際に歩くときには別の地図なり何なりが必要。