Free read Ü 薄っぺらいのに自信満々な人 (日経プレミアシリーズ) ✓ eBook PDF or Kindle ePUB

Free read 薄っぺらいのに自信満々な人 (日経プレミアシリーズ)

Free read Ü 薄っぺらいのに自信満々な人 (日経プレミアシリーズ) ✓ eBook, PDF or Kindle ePUB í ✤ [Download] ➼ 薄っぺらいのに自信満々な人 (日経プレミアシリーズ) By 榎本 博明 ➶ – Dcmあの人は同じミスを繰り返すのか ●仕事ができる人と「仕事ができる風」な人の本質的な違い ●部下に甘い上司ほど自分のことしか考えていない ●なぜテスト前に「全然勉強してない」をアピールするのか ●仲間とつねに群れたがる人ほど、ストレス耐性が低い. ありがちな内容と思いきや、相当辛口な内容。正解はひとつではなく、明日から仕事が出来る魔法もない。大切なのは1人で考える時間。

榎本 博明 É 7 Summary

??なポジティブ志向の人間ほど、実際は「力不足」と評されやすい? SNSの普及で肥大化する承認欲求と評価不安を軸に、現代人の心理構造をひもとく。 ※以下、内容より抜粋 ●能力の低い人ほど自分を過大評価しやすい ●ポジティブすぎる人の危険性 ●なぜ. 部下に読ませました。気付いてくれたようなので。

Read õ eBook, PDF or Kindle ePUB É 榎本 博明

薄っぺらいのに自信満々な人 日経プレミアシリーズなぜ「意識高い系」の人ほど、たいして仕事ができないのか? 承認欲求に振り回される「あの人」の構造を心理学見地から徹底分析――   どんなときも前向き、「完璧です!」と断言、会社の同期や同級生といつも一緒、Facebookで積極的に人格形成こ?. 「薄っぺらい」を、自分はスペシャリティがないことだと定義しています。文系であるとか、教養しかない、とかね。そういうのは、自分の中では薄っぺらいです。知的努力をしていない。脳に汗をかいていない。そんな、薄っぺらい自分を変えるヒントがあればな、という思いで読んだんですが、著者の定義する薄っぺらい人に、自分は当てはまっていませんでした。つまり、人生が上手く行っていない人間が読んで、気持ちがよくなるようなことばかりが書いてある(笑)。考え方が人生を決めるなんていうのは、ウソですよ。だって、王様のように考えても、奴隷は奴隷じゃないですか。どのような思考習慣を持とうが、結果は同じです。