review 日経プレミア保険外交員も実は知らない生保の話 日経プレミアシリーズ ô PDF eBook or Kindle ePUB

後田 亨 Þ 6 review

review 日経プレミア保険外交員も実は知らない生保の話 日経プレミアシリーズ ô PDF, eBook or Kindle ePUB ↠ ➮ [Read] ➪ 日経プレミア保険外交員も実は知らない生保の話 日経プレミアシPopular EBook 日経プレミア保険外交員も実は知らない生保の話 日経プレミアシリーズ author 後田. 満期積立の保険の満期に伴い保険を考える事にしました。 今回、この本に出会い暫らく保険に入ることをやめました。貯蓄が有ればそんなに保険に入ることが必要ないことを知りました。 とてもタメに成りました。

Read & Download Ì PDF, eBook or Kindle ePUB Þ 後田 亨

亨 There are many interesting things in this book readers are very amazed by the contents of the book 日経プレミア保?. 後田氏の本はほとんど読んでいるが、同じ日経プレミア新書で昨年発売されたものよりも今回の方が切れ味も良いし、納得感がより高くなっている。誤解されがちなのだが、著者の後田氏は決して保険不要論者ではない。保険自体は人類が考え出した優れた叡智による仕組みだと述べている。問題なのは日本の大手生保会社の営業のやり方なのだろう。私は保険は素人だが、素人が一般常識で考えておかしいと思うものはやっぱりおかしいのであって、その点を気づかせてくれる後田氏のような存在は非常に貴重である。但し、最大の問題は保険会社側ではなくて、消費者側にあるのだろう。消費者が賢くなって酷い商品を買わなくなれば保険会社も営業方法を変えざるを得ない。そういう意味では消費者啓蒙というのも非常に大切であり、本書はそうした役割も担う良書であると言える。

Read 日経プレミア保険外交員も実は知らない生保の話 日経プレミアシリーズ

日経プレミア保険外交員も実は知らない生保の話 日経プレミアシリーズ?外交員も実は知らない生保の話 日経プレミアシリーズ author 後田 亨 please download or read online he. 現役時代はあまり考えずに契約し、随分と払った保険料、退職後の年金生活に大きく響く保険料だ。 たまには斯様な書で自分の付保状況の是非を判断するのも必要な事だ。  私の場合は、5年前の60歳で企業年金と報酬比例部分が受給となったのを機に、思い切って生命保険の見直しをした。  その結果と、本書の内容と比較するのは興味があった。  若い時に契約した会社の団体扱いのがん保険は低保険料であり残し、但し途中で勧誘された特約は全て外した。 医療保険特約を付けた生命保険は解約した。  1つだけ定期保険特約付き普通終身保険に更改した。 ここまでで年間保険料は随分と軽減出来た。  その他に会社の団体定期保険(Bグループ保険)がOBでも入れて、毎年必ず保険料の戻りがあるのが嬉しい。本書によれば、定期保険で一定期間の死亡保障を確保し、それには勤務先の団体保険が最も低価格で良いとする。 死亡以外の保障機能を付加した商品は勧めない由。  終身保険は、生涯の死亡保障を安く確保する。 但し当然ながら貯蓄や運用目的での利用には向かない。  医療保険は、自己資金や健康保険などの公的保険では対応出来ない非常事態に限定し、基本的に医療保険は入る必要がない。 当面は公的な健康保険だけで良しとする。 つまり病気になれば3割負担の健康保険があるし、入院して負担は大きい場合も高額療養費制度があるというもの。  介護保険は、貯蓄で備えれば良しとして勧めない。 個人年金保険、養老保険も勧めていない。 入院する日数は短くなっており、自己負担する費用総額も減っている昨今に、基本的にはその資金は自分の貯蓄で備えるべきだとする。 保険より貯蓄であり、遠い将来の保障を買うべきではないとする。  老後の不安=保険とは考えない。 つまり不安の数だけ保険に入ることになれば、気付けば年間で法外な保険料になってしまう。  要は「保険を止めて貯蓄を増やすことが、自分の将来への保険」と言う。  生命保険というものは、自分が若い時に不慮の死や、傷病、子供の自立までの期間限定ということで必要と考える。  爺さんの年齢になれば、生命保険、特に医療保険に高い保険料を払う意義は確かにないような気がする。  何か起きてもそれに対応する額は手許にある、これでいいと私も思う。   がん保険だけは数口を長期間継続しているが、5年前のがん診断・治療の時に診断給付金と入院給付金は有り難かった。  またいずれお世話になると思えば、そのまま残しておく。営業セールスの「さ行」の挨拶は面白く、覚えておきたい。 「さすがですね」、「知りませんでした」、「すごいです」、「正解です」、「その通りです」  これを連発する営業がいるか確かめてみたい。