Read & Download è アメリカ人はなぜ肥るのか (日経プレミアシリーズ) ß PDF DOC TXT or eBook

猪瀬 聖 ↠ 4 Download

Read & Download è アメリカ人はなぜ肥るのか (日経プレミアシリーズ) ß PDF, DOC, TXT or eBook ½ [PDF] ✎ アメリカ人はなぜ肥るのか (日経プレミアシリーズ) By 猪瀬 聖 – Dcmdirect.co.uk アメリアメリカの隠れた敵は肥満だ。太りすぎで軍隊に入れぬ若者。飛.  いかにも新聞記者が書いた、お手本のような文章です。 平易でわかりやすい文体、無駄のない計画的な構成。小論文などの見本にしたいような綺麗で論理的な文章です。 具体的な調査結果と、個人的な体験、全体を見渡した総論の3つ部分の割合バランスがとれており、偏りもありません。 もちろん、著者は理化学的な分野の専門家ではありませんので、減量手術や有機野菜の栄養素に関する理解は丸々信じてはいけないものです。実際には、有機野菜の栄養素量は、この本に書かれているほど高いものではありません。 また、肥満問題が政治的、社会的な問題だという結論は、いかにも新聞記者の解釈であり、これに関しては賛否両論あることと思います。 しかし著者が指摘した、これはいずれ日本でも起こる問題だという点だけは、間違いないことです。

characters ô PDF, DOC, TXT or eBook ↠ 猪瀬 聖

行機の搭乗を拒否されるハリウッドセレブ、重すぎて搬送できな. 日本経済新聞社のLA駐在記者(支局長)を務めた猪瀬氏によるルポ。氏は日本ソムリエ協会のシニアワインエキスパートでもあるとか。アメリカ人は普通体型が人口のたった13。国民の3人に2人は太り過ぎ、しかも所得の低い人ほど肥満傾向である。食品業界・外食業界・製糖業界の「いいカモ」にされ続けているアメリカ国民。お蔭で業界は大儲けである。しかし余りにも国民の健康状態が悪化し過ぎた。そう「親より短命の世代」の到来(3p、108p)である。このままでは帝国の落日もすぐそこであろう。舌鋒鋭く格差社会の社会病理に切り込む辺りは流石だが、最初から最後まで、糖質・脂質・塩分・カロリー過剰が同列に語られているところが誠に残念。だから結論・処方箋が「和食に還ろう」(224p)となってしまうのだ。とほほ。そもそも糖質過剰が無ければヒトは太らない。肥満ホルモン・インスリンを大量に追加分泌させるのは、糖質のみだからだ。脂質でも蛋白質でもない。インスリンが出なければ太りようがない。脂質・塩分・カロリー過剰などは全て下流。上流の糖質過剰をやめれば肥満・メタボは速やかに雲散霧消である。その証拠に私は糖質をやめたら1年も掛からずに40Kg以上減量し、高校生の時の体型に逆戻りである(笑)。低所得階層ほど肥満し易いのも糖質が安価だからに他ならない。糖質過剰はミトコンドリアを痛め、早老をもたらす。そう「メタボエイジング(伊藤)」である。そう考えれば、残念ながら和食・精進料理も糖質過剰で不健康食である。ここの根本ををはっきりと言ってもらえれば良かったのだが・・・。告発姿勢はいいのだが、肝心な点の「ピント外れ」が祟って星は3つ止まり。メタボの方、糖尿病の方、食の安全・食育に関心の有る方にお勧めする。

Free read アメリカ人はなぜ肥るのか (日経プレミアシリーズ)

アメリカ人はなぜ肥るのか (日経プレミアシリーズ)い救急患者。肥満が構造化するアメリカ社会の悩みをレポート。. アメリカ人の肥満は単に健康上の問題だけではない。その肥満の背景に目を向けなければならない。本書はなぜアメリカ人が肥満になるのか、なぜ肥満は貧困層に多いのかを詳細にレポートしている。貧困ライン以下の人がもらうフードバウチャーで得ることのできる食べ物はファストフード。田舎ではスーパーマーケットの経営がうまくいかない。その結果、スーパーマーケットが田舎から姿を消し、人々は野菜を買うことができなくなる。それが肥満につながり、健康上の問題につながる。アメリカの社会全体で何が問題なのかを取り上げている。とても興味深い本。