REVIEW ☆ 蝮の孫 (幻冬舎時代小説文庫)

FREE READ 蝮の孫 (幻冬舎時代小説文庫)

REVIEW ☆ 蝮の孫 (幻冬舎時代小説文庫) Ä [Ebook] ➢ 蝮の孫 (幻冬舎時代小説文庫) By 天野 純希 – Dcmdirect.co.uk 権謀術数を駆使して美濃の蝮と恐れられた名将・斎藤道三の孫、龍興は酒と女に溺れて戦嫌い。だが、織田信長に国を追われて流浪すると呼ばれながらも、群雄割拠の時代の魔王に怯まず対峙し、家臣や民を愛し続けた斎藤龍興とは何者か。戦国一代記。. ラストのオチなんかは映画みたいですが、普通に小説として楽しめました。イメージを覆す気骨ある名将振りな龍興と、イメージ違いの、嫁に頭の上がらない竹中半兵衛との因縁を描いてます。

天野 純希 ë 8 REVIEW

追われて流浪するうち、武芸に励み、兵法を学びながら次第に合戦の虜に。何度も信長に挑み、追い詰めていく。愚将. 信長の勢力が増大するに従い国情が定まらぬ中、ついには美濃を追われた斉藤龍興の波乱の生涯をつづる。蝮と呼ばれた道三の孫、斎藤龍興は若年にして美濃国主の座に就き、暗愚とも評された一方、宣教師フロイスによれば非常に有能ともされており、評価の定まらぬ人物だ。美濃を追われてから後は歴史の表舞台にでることはなく、越前朝倉氏のもとで信長と戦った際に討ち死にしたとも逃れたとも、その最期も定かではない。その落としどころが、本書の見どころのひとつだ。歴史上あまり有名過ぎない主人公というのは、「のぼうの城」と相通じて、小説にしたら面白くない筈がない!と、思わせる一冊。

FREE DOWNLOAD · eBook, ePUB or Kindle PDF ë 天野 純希

蝮の孫 幻冬舎時代小説文庫権謀術数を駆使して美濃の蝮と恐れられた名将・斎藤道三の孫、龍興は酒と女に溺れて戦嫌い。だが、織田信長に国を. 個人的に主人公をとことん格好良く描くのは好きではないけど、丁度良い。また、斎藤道三ではなく、龍興のチョイスが好みだった。