READ È うたがいの神様 (幻冬舎よしもと文庫)

SUMMARY うたがいの神様 (幻冬舎よしもと文庫)

READ È うたがいの神様 (幻冬舎よしもと文庫) â [Ebook] ➦ うたがいの神様 (幻冬舎よしもと文庫) ➥ 千原ジュニア – Dcmdirect.co.uk Popular Books, うたがいの神様 (幻冬舎よしもと文庫) By 千原ジュニア There are many interesting things in this book, readePopular Books うたがいの神様 幻冬舎よしもと文庫 By 千原ジュニア There are. 普通に適度にいい感じで寝っ転がって軽〜く読むにはちょうど良いと思います。決してつまらなくはない、読んで良かったと思えるときもあった、ただもう少しドカドカドカッ!!と面白さが欲しい・・・

千原ジュニア ´ 8 READ

Many interesting things in this book readers are very amazed by the contents of the book うた?. 「すべらない話」や「ゆるせない話」の発想が垣間見られる千原ジュニアさんのエッセイ。ジュニアさん独特の、視点の置き方がわかる本です。たとえば、テレビの天気予報に対するおばあちゃんの投書について。「今日で雨は上がりますから、明日は晴れて洗濯日和」と言った天気予報に対して、おばあちゃんは「雨が降った次の日は湿気が溜まって洗濯するにはそぐわない。昔から常識でそんなこともわからないのか」と呆れた感じの投書。さて、どっちが正しいのか。大方は「おばあちゃんの言うとおり。年の功、おばあちゃんの知恵ってやつだ」となるのかもしれません。しかしジュニアさんは「ちょっと待て」と。「おばあちゃんが言う昔と今の状況は違う。アスファルトがこれだけ整備されて水はけも良くなった今の時代、そんなに翌日に湿気が溜まることなんてないやろ」と続けます。これを単なるこじつけと捉える人もいるかと思います一部は僕もそう思いましたし。ただジュニアさんが本を通じて言っているのは「みんな腑に落ち過ぎじゃないか」ということ。例えば「おばあちゃんの知恵」みたいなものは盲目的に信じる、というのはどうなの?という「うたがい」です。ジュニアさんの「うたがい」は、周りの芸人さんにも賛同してもらえないことも少なくないそうです。でもお笑いに関わらず、こうした視線って必要じゃないかと思いました。マスコミもネットも信じられない時代に自分の感覚でものごとを判別する。ある意味、すごくジャーナリスティックでもありますね。なんて真面目に書いてしまいましたが、純粋にジュニアさんの頭の中を覗ける楽しい本なのでした。

SUMMARY ✓ eBook, ePUB or Kindle PDF ´ 千原ジュニア

うたがいの神様 幻冬舎よしもと文庫?いの神様 幻冬舎よしもと文庫 By 千原ジュニア please download or read online he. 本の中では様々な千原ジュニアさんの考え方が書かれている。社会にもまれずに荒削りでも突き進んでいく必要性、男女の割り勘の考え方については確かにその通りだと納得した。また、バラエティでは芸人さんなどの頭のキレには毎回驚かされ、拝見するのが非常に好きな私にとっては、日常の出来事を30秒で人に話せるようになる練習、落ちのつけ方など要約して人に話すことを訓練していきたいとも思いました。先輩とのつきあいかたにおいては、すごいと思った、感じた人の何がすごいのかをはっきりさせ、自分に足りない能力など真剣に考えるきっかけともなりました。すべて日常の中に隠れている当たり前のようなことを改めて気づかせてくれる本だと思います。