Mākusu no yama (Hayakawa mystery world) (Japanese Edition) review È 103

summary Mākusu no yama (Hayakawa mystery world) (Japanese Edition)

Mākusu no yama (Hayakawa mystery world) (Japanese Edition) review È 103 ´ ❰Download❯ ➹ Mākusu no yama (Hayakawa mystery world) (Japanese Edition) Author 高村 薫 – Dcmdirect.co.uk 第109回(平成5年度上半期) 直木賞受賞 第回(平成年度上半期) 直木第回(平成?. 精神疾患を患っている人が犯行に及ぶ。精神分裂病は、その名が与える誤解を避けるため2003年に統合失調症と改名された病気である。昭和初期までは治りにくい病だったが、少なくとも1970年代以降は薬で治療が可能な病である。この本のように一家心中するような深刻な病ではない。犯人は計画的に冷静に何度も犯行を実行しているが、この病の患者ではあり得ない事である。また、劣性遺伝という言葉を「劣った性質の遺伝」という意味で使用しているが完全な誤用である。劣性遺伝という言葉は生物学の用語であり、全く別の意味である。精神疾患をテーマにするなら精神科医に徹底的に取材し、このような症状、犯行はあり得るか、作中に記す予定の内容を具体的にあげて確認すべきである。この病は100人に1人の割合で発症する。珍しい病気ではないし、恐ろしい病気でもない。この本を読んだ人が誤った知識、偏見を持ちそう。多数の人が読む出版物なのだから、精神疾患を扱うなら細心の注意をするべき。精神疾患を持つ人を犯人と設定すること自体が驚き。もしどうしてもそうしたいなら病名を明記するべきでない。この作者の「リヴィエラを撃て」が素晴らしかっただけに今回は本当にがっかりした。警察内部の描写も険悪な部分をことさらに強調することによって緊迫感を表現しようとしているようで不快。登場人物にあだ名を付けているのも不要に感じる。

summary ✓ eBook or Kindle ePUB ✓ 高村 薫

? 直木賞受?. 文庫版を読んで、本書を読んだ。文庫版の『原作』といっていいかも知れない。普通「全面改稿」といえば、大幅に文章を付けたしていると思うのが一般的であろう。しかし、文庫版、単行本の順番に読むと『付けたし』よりも単行本で初めて出合った文章のほうに眼が向く。つまり文庫化に際し、「削った記述」は意外なほど多い、ということだ。一つは『殺人の描写』が削られている。おそらく、阪神大震災を経た作者の心情なのだろう。そして真知子がより惨めに描かれている。水沢と真知子との性描写、そして『結婚の約束』などは見事に削っていた。そしてもう一つ、文庫版のほう加納検事との描写と合田の過去があまり具体的でない。合田が母親のうどんの味を思い出す所、貴代子への思い、いろんな加納との言葉のやり取りが削られている。それがなぜなのかがわたしにはいま一つ分からない。わたしには文庫版よりも、単行本版のほうが、物語がスピィーディーで、分かりやすいように思えた。ただもう一回文庫版のほうを通しで読むと感想がどうなるか、自信が無い。このあとの『照柿』『レディー・ジョーカー』を読んでいきたい。もちろん文庫化されるとしてもあと何年も先なので、単行本で、だが。

高村 薫 ✓ 3 review

Mākusu no yama Hayakawa mystery world Japanese Edition??度上半期?. とにかくマークスとは何か解りました。