FREE READ ✓ アデスタを吹く冷たい風 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

トマス・フラナガン ò 1 FREE READ

FREE READ ✓ アデスタを吹く冷たい風 (ハヤカワ・ミステリ文庫) ó ❮EPUB❯ ✶ アデスタを吹く冷たい風 (ハヤカワ・ミステリ文庫) Author トマス・フラナガン – Dcmdirect.co.uk 風が吹き荒さぶ中、闇を裂いてトラック?少佐は、商人が銃の密輸人だと直感した。強制的に荷台を調べるが、銃は見つからずトラックは通過してゆく。次は必ず見つけて、武器の密?. 皆様が軒並み高評価をつけられる理由、復刊希望第一位の理由が、読んだ後によくわかります。なんといってもテナント少佐の魅力、帯にある「面従腹背」の四字熟語をそのままひとがたにした振る舞い。そして何人かが挙げられていますが、ブラウン神父を思わせる推理力と解決力、意外な犯人。ブラウンシリーズがお好きな方はきっとお気に召されるはず。独裁政権の真っただ中にもしブラウン神父がいたとしたら、こうなりそう。人をくった様子で、でも自分の信念は決して曲げない感じで。私が若いころに読んだミステリーの翻訳者は、ほとんど宇野氏でした。訳者を変えずにそのまま復刊、ということで、今の読者には耳慣れない表現や、語句(「葡萄酒」とか。今なら「ワイン」ですよね。)が読みにくいかもしれませんが、ぜひ最後まで読んでいただきたい。「玉を懐いて罪あり」なんて訳、原題の「The Fine Italian Hand」から導き出せる翻訳者、今はそうそういませんよね。

FREE READ â DCMDIRECT.CO.UK ò トマス・フラナガン

??入者は射殺する謹厳実直の士、テナントがくだした結論は?「復刊希望アンケート」で二度Noに輝いた7篇収録の名短篇集、ついに初文庫化?. 訳が古い。固い。でも、それがいい。すらすら頭に入るのではなく、引っかかり、引っかかりして頭に入れていく。これもまた読書だと思う。トリックを楽しむだけではなく、作品の醸し出す「空気」を舌に絡めながら味合う。そんな作品だ。やはり、最初の4篇主人公テナント少佐の造形が素晴らしい。王立軍の兵士として生き、敗走し、そして革命軍の兵士として生きるテナント少佐。革命の覇者「将軍」一派との駆け引きの中で、「狼」テナントは祖国への愛と正義へのこだわりをもって、己に与えられた使命を見事にこなしていく。誤謬などもいくつか見られるが、もっと他の作品は読みたいと思っても、この本しかない。それがもっとも残念だ。

READ & DOWNLOAD アデスタを吹く冷たい風 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

アデスタを吹く冷たい風 ハヤカワ・ミステリ文庫風が吹き荒さぶ中、闇を裂いてトラックがやってきた。運転する商人は葡萄酒を運んでいると主張する。だが職業軍人にして警察官のテナン?. フェアで見かけて購入。読み始めたら止まらない。とんでもない掘り出し物!復刊希望1位も納得。テナント少佐ものは、キャラクターの魅力と翻訳の硬さがかもし出す風格があいまってなんとも言えず秀逸。ミステリーでありハードボイルドであり歴史フィクションでもある。久々に読み終わりたくないと思った。こんな本に出会えて嬉しい限り。テナント少佐ものの並び方自体も、あえて時系列になっていないことで、前の話で?だったところが次の話で!となるところもあり、よく考えられていると思った。テナント少佐もののラストシーンがあれになるのもよかった。テナント少佐もの以外は正直そこまでの衝撃はないが、テナント少佐ものを読むだけでも価値あり!