The Serialist Free download Ñ 5

デイヴィッド・ゴードン µ 5 Read & Download

The Serialist Free download Ñ 5 ã ➵ The Serialist Read ➼ Author デイヴィッド・ゴードン – Dcmdirect.co.uk 残忍な手口で四人の女性を殺害したとして死刑判決を受けたダリアン・クレイから、しがない小説家のハリーに手紙が届く。死刑執行を目前にした 残忍な手?面会に赴いたハリーは思いもかけぬ条件を突きつけられる『ミステリが読みたい』をはじめ三大ベストテンの第一位を完全制覇した超話題?. 一通り読みましたが、途中稍々倦怠感を覚える小説でした。

Read & Download ´ PDF, eBook or Kindle ePUB free µ デイヴィッド・ゴードン

残忍な手口で四人の女性を殺害したとして死刑判決を受けたダリアン・クレイから、しがない小説家のハリーに手紙が届く。死刑執行を目?.  物語そのものもミステリとして目新しさを感じないし、主人公が書いているSF小説や俗悪なバァンパイア小説を、章の合間に唐突に挿入する構成には戸惑う。 この物語の事件そのものにも新鮮さが欠けているのではないかとさえ私には思えたのですが・・・。 惨殺された女性の死体が、先に読んだ『ブラッド・ブラザー』に重なるのが少し鼻につき、あまりにも凄惨すぎる描写に辟易してしまったが、これも著者の才能なのかしら? ただ、著者が過去に「映画」「ファッション」「出版」「ポルノ産業」などにたずさわってきた経歴からならでは書けないような悲哀を込めた二流小説家のリアルな独白には、著者自身の気持ちを吐露しているのではないかとさえ思えたし、最終章での推理小説への薀蓄など読ませてくれた。 『二流小説家』というタイトルの著者ディヴィット・ゴードン氏の処女作だから、氏が次作から注目される一流作家になるよう期待しているが、本作は二流の中くらいかな?

review The Serialist

The Serialist?にしたダリアンが事件の全貌を語る本の執筆を依頼してきたのだ。世間を震撼させた殺人鬼の告白本 ベストセラー間違いなし だが刑務所?. ポルノ雑誌編集部に勤めていた頃の実体験をヒントにして書き上げたデビュー作の本書がアメリカ探偵作家クラブ最優秀新人賞にノミネートされ今全米ミステリー・ファンの熱い注目を浴びる新鋭ゴードンの期待の初紹介です。〈ポケミス新世代作家〉と銘打たれた企画の第1弾である本書を読んで私は新進気鋭の著者がいっぺんに好きになりました。それは本筋のミステリー以外の部分でも興味深いエピソードを積み重ねて読者を全く飽きさせずにテンポ良く頁を繰らせる著者の天性の才能を感じたからです。作中に挿入される「ヴァンパイア小説」「ハードボイルド小説」「SF小説」の3本はどれも面白く著者のサービス精神を感じましたし、売れない無名の作家で食べるだけで精一杯の生活の中、愛する恋人には去られ副業の家庭教師で教える女高生からも馬鹿にされる体たらくの惨めな主人公ですが、それでも自棄を起こさず生来の優しさを失わずに日々がんばっている姿にはある意味で尊敬の念と深い共感を覚えました。ある日二流小説家ハリーに連続殺人鬼の死刑囚ダリアンからの手紙が届く。刑務所で面会したハリーはダリアンから自伝的告白本の執筆と引き換えにファンの女性を取材してポルノ小説を書く事を依頼され一度は屈辱を感じ断ろうとするが、その後名声を得る絶好のチャンスだからと気持ちを切り変えて新たな決意で前に踏み出して行く。序盤のスローで穏やかな展開から中盤に至って雰囲気がガラリと一変し突如発生する残酷な殺人シーンに度肝を抜かれ俄然興奮が高まって盛り上がります。その後の展開についてはミステリー通の方ならば作家と死刑囚の対決という構図から大筋の仕掛けを予想し、早過ぎる段階での種明かしに「まだ他に何かあるな」と感づくでしょう。でも昔の本格推理の様な飛び切りのサプライズを狙わずに手堅くリアリティーを重視する著者の姿勢は現代作家に共通する傾向ですのでそれはそれで良いと思います。唯、頭部の隠し場所やもう一つの驚きはプロの警察やFBIであれば素人より先に突き止められるのではと思いますが。推理の方は小粒でも本書の一番の素晴らしさは、二流小説家ハリーが関係者の女性との衝動的な恋や有名なベストセラー作家になる夢の成就に近づきながら惜しくも叶わず、結局はやはり元の冴えない二流小説家のままで少しも変わらないという事実を残念に思う反面、逆に彼らしさを失くさずにいられた事を祝福してあげたい気持ちになるという彼の人間的な魅力の最良の部分を深く実感させてくれる人生の哀感漂う真摯な人間ドラマにあると思います。最後にまだまだ先の話ではありますが日本では最初の一作が紹介されただけで後が続かない作家も多い中で著者にはコンスタントに話題作が翻訳され続ける常連作家に成長して欲しいと願っています。