Hayakawa Mystery Bunko - woman in a cage - special investigation unit Free read Æ 7

Download ↠ eBook, PDF or Kindle ePUB Ä ユッシ・エーズラ・オールスン

Hayakawa Mystery Bunko woman in a cage special investigation unit Q【人気シリーズ早くも文庫化 】 捜査への情熱をすっかり失っていたコペンハーゲン警察のはみ出し刑事カール・マークは新設部署の統率?. 銃弾に倒れ、親しい仲間2人も失ってから2か月。療養休暇から復職し1週間たらず、いきなり課長に呼ばれ、ついに解雇通告か?と疑念にかられるカール。だが、課長の口をついて出た言葉は意外なものだった。君に新設部署である特捜部Qを率いてもらいたいのだ。部の任務は手掛かりもないまま捜査終了になった未解決事件をもう一度洗い直して貰いたい。君ひとりで。つまり仲間たちからの陳情により特捜部に厄介払いされることになったのだ。特捜部Qの責任者になったカールが要求した雑用係としてアサドがやってくる。膨大なファイルの中から、興味を引いた事件。それが女性政治家ミレーデの失踪事件だった。ミレーデは弟のウフェとベルリンへの旅行中、ロドビーからプットガルテンに向かう船の上でトイレに行った弟のウフェを待つ間に突如として消えてしまったのだ。あっという間の出来事で目撃者もいない。当時の捜査では船上からの投身自殺と 結論づけられたが、死体は上がらなかった。ミレーデは監禁されていたのだ。外が見えない丸窓が一つある真っ暗な部屋。椅子も無いむき出しのコンクリートの上で寝起きをし、食事も排せつもバケツの中。彼らの目的は彼女を苦しめること。いじめ、苛むこと。人間の誇りを失わせ獣扱いすることである。1年に1回ミレーデの誕生日が来る度、彼女を監禁したしわがれた声を出す女は、「なぜ私たちは、お前を檻に閉じ込めているのか?答えは自分で見つけな!」答えられない場合は罰を与えると部屋の気圧を徐々に上げていく。しかし、ミレーデは不屈の人である。彼らが食べ物を与え続けているということは彼女に生きていてもらいたいのである。ならば、食事を断ち彼等の裏をかいて死んでしまえば、いいのである。それが彼等に勝つことなのに。彼女も一度ソレを試みたが、闘わずに諦めてはいけない。わたしは耐え抜き彼らに復讐を誓うと闘志を燃やす。そして彼女は5年間もこの悲惨な環境に耐えることができたのだ。わたしも1週間ぐらいはナニクソと遮二無二耐えることができるだろうが、何しろ寒がりなので、すぐ眠くなるだろうから、そのまま楽に死んでいけそうな気がするが。笑しかし、犯人である彼らのヤリ口は人間じゃないわね。狂っているとしか言えない。狂ってしまうほどの増悪なんて、気味が悪くて。事故で人生を台無しにされた人なんて、この世の中いくらでもいるじゃない。それをみなこんなおぞましいヤリ方で復讐するか!わたしは活字で読んだから、まだいいが、これはDVDも出ているみたいね。とてもじゃないが、生々しい映像で見る気はしないわね。なんか、捜査官エヴァといい、もう暗くて重くて気味の悪い北欧ミステリーはゴメンという気になったわ。

ユッシ・エーズラ・オールスン Ä 7 Characters

「特捜部」は、こうして誕生した。まずは自殺と片付けられていた女性議員失踪事件の再調査に着手したが、次々と驚きの新事実が明らか?. その昔は樽、Xの悲劇、黄色い部屋、かたっぱしから読みました外出禁止令で本でも読もうかと思い、懐かしさからまた探偵小説へヨー・ネスボで北欧ミステリーにはまり、次は何かと探した結果評価の高いこの本に挑戦しました。一言で言うと、私にはまったく面白味が伝わってきませんでした。・動機が不自然です。犯罪素人ですが納得感がないです・人物描写が薄っぺらくて登場人物の誰にも共感できません・人間関係が殺伐で後味悪いです。北欧ミステリーでも随一です・北欧の街並み、自然、気候の描写がなく、目の前に光景が浮かびませんこのシリーズはこれ一作でやめます。いまはカタリーナ・コードにハマってます。

Summary [Hayakawa Mystery Bunko] - woman in a cage - special investigation unit Q

[Hayakawa Mystery Bunko] - woman in a cage - special investigation unit Q Free read Æ 7 ✓ ✫ [PDF] ✑ [Hayakawa Mystery Bunko] - woman in a cage - special investigation unit Q By ユッシ・エーズラ・オールスン ✸ – Dcmdirect.co.uk 【人気シリーズ早?命じられた。とはいってもオフィスは窓もない地下室、部下はシリア系の変人アサドの一人だけだったが。未解決の重大事件を専門に扱う. 胸が悪くなる犯罪なのに、読後感はよかった。スウェーデン作家の作品をまとめて読んで、まじめでちょっと暗い印象があったので、やっぱり冬の長い国はそうなるのかと思いきや、海を渡ってデンマークはちょっとちがう印象・・・と言ってもこの作品しか知らないんだけど、キャラクターが悲惨なのに妙に明るいのがいい。ミレニアムでもバランダーものでも気楽にデンマークにフェリーで行ってたけど近いのに作品の印象はかなり違う。これは作家の個性で国民性ではないにしても面白い。アンデルセンは暗いのに・・・。ストーリーも息をつかせず一気読み。空が白んでくるころ読み終えてその日は一日仕事にならなかった。