READ ´ 岩盤規制 ~誰が成長を阻むのか~ (新潮新書)

REVIEW 岩盤規制 ~誰が成長を阻むのか~ (新潮新書)

READ ´ 岩盤規制 ~誰が成長を阻むのか~ (新潮新書) ô [Download] ➵ 岩盤規制 ~誰が成長を阻むのか~ (新潮新書) Author 原 英史 – Dcmdirect.co.uk このままでは日本は取り残される――。数十年の長きにわたって、この国をがんじがらめに して??に 教育分野でも「事前規制型から事後チェック型」へ「事後チェック型」 へ転換したはずが年代以降の議論をすべて否定獣医学部問題は 氷山の一角か 官僚機構改革「面従腹背」の歴史 「面従腹背」が生まれる構造「事前規制型」は権力の源泉「ルールは できる限り不明瞭に」「大事なルールほど下位規範で」停滞した年代 後半規制改革を遅らせた「強い官僚機構」不発に終わった民主党政権の 「脱官僚」「大臣は一日警察署長のようなもの」「内閣人事局」の 源流は橋本行革「公務員制度改革基本法」の成立「官邸への忖度」は 悪なのか「天下り規制」を無視した官僚の遵法意識第三者機関と 特区の活用官僚主導と縦割り行政は限界 マスコミが殺気立った「放送法条騒動」 民放解体論異常な過熱報道条がないと虚偽報道だらけになるのか 双方がけん制しあう「部分規制論」「偏向報道」か否か「スポンサー」 「視聴率」への忖度必要なのは「ビジネスモデル」「新規参入と競争」 放送界「ハード・ソフト分離」とテレビの未来 「なぜインターネットでテレビがみられないのか」民放が「同時配信」に 慎重なワケ欧米では「ハード・ソフト分離」が当たり前宮内氏が提起した 「縦割りから横割りへ」闇に葬られた年報告書法体系は整ったが ハードとソフトの分離は起こらず強制分離は筋違いコンテンツの出口「?. 良い点著者が官僚時代から規制改革に深くかかわってきたため日本の規制改革の歴史が世界の流れとともにわかりやすく解説されている特に官僚が国会で決議された法令を勝手に告示や通達で書き換えて獣医学部(および医大医科歯科大)の新設に関しては申請自体を受け付けないという謎の規制を続けてきた実態や、どうにか1校だけ52年ぶりに新設できるところまでこぎつける経緯は映画を見ているようだった。そして便宜供与があったのではないかという政府批判につながっていく悪い点さすがに読む人は選ぶ。行政システムに興味がなければつまらなく感じるでしょう

原 英史 ¾ 1 READ

?ラ ットフォーム」の構築ネットフリックスやアマゾンの脅威「ビジネスモデル」 をなぜ政府で議論するのか 「電波オークション」と「高い携帯電話料金」の深層 飛躍的に増加する電波ニーズ「公共」「放送」部分の電波の整理進まな かった電波オークション今や「日本以外の全OECD諸国」で実施「リープ フロッグ」の可能性携帯電話市場の競争は十分か 世界が直面する「現在の課題」――「格差とグローバル化の影」 貧富の差の拡大と移民問題格差を解消できない「事前規制型」対策格差 問題渦巻くテレビ番組の制作現場省庁の「縦割り」が問題解決を阻む「教育 無償化」より重要な「学校教育のモデルチェンジ」遠隔教育を阻む文科省の 予算利権年以上続く「当分の間」あいまいな外国人労働者政策最善の移民 政策を 世界が直面する「未来の課題」――第次産業革命への対応 シェアリングエコノミーと規制体系の転換「ライドシェア」は営利企業NG 「民泊」には「営業しにくくする規制」「規制の実験場」に必要な迅速性 と柔軟性 おわりに 「全知全能の政府」の可能性と「アジャイルな政府」 全てを知る男が語る、官僚、マスコミとの壮絶な暗闘。今日まで我が国を縛ってきた岩盤規制。官僚とマスコミは、それをどう支えたのか 日本経済の浮沈との関わりは 霞が関改革を熟知する男が、暗闘の全てを明かす?. 規制改革の最前線で活躍している筆者による加計学園問題や、放送法、電波オークション、携帯電話料金、遠隔教育、ライドシェア、民泊等のカレントな問題が取り上げられている。マスコミ等では十分に語られない規制改革の事実関係について、記者等とのやり取りも含めた最善の解説書といえる(吾妻橋)。

DOWNLOAD ☆ DCMDIRECT.CO.UK ¾ 原 英史

岩盤規制 ~誰が成長を阻むのか~ 新潮新書このままでは日本は取り残される――。数十年の長きにわたって、この国をがんじがらめに してきた「岩盤規制」。年代の土光臨調以来、昨今の獣医学部新設問題まで、それを打ち砕く 試みは繰り返されてきたが、道はまだ半ばだ。ビジネスの邪魔をする「岩盤規制」はなぜ生まれ、 どのように維持され、今後の日本経済の浮沈にどうかかわるのか。そして、官僚とマスコミはこの 旧弊をどう支えたのか。現場の暗闘を知るトップブレーンが、改革の重要性をわかりやすく指し示す。 目次 はじめに 岩盤規制をめぐる役所の屁理屈政府がビジネスを妨げてきた 「予定調和」ではない「真剣勝負」役人にも政治家にもでき ない仕事マスコミが報じない「モリカケ」の実像これからの 「政府の役割」 加計問題にみる岩盤規制の基本構造 あまたの岩盤規制の中でも異様な規制真相は「歪められていた 行政をただした」新設を認めていた文科省鉄のトライアングル 理容室、医薬品販売でも規制改革はなぜ必要か日本の労働生産性 が低い理由 「世紀の規制改革」を怠った日本 世界の規制改革と日本の「岩盤規制」事前規制型から事後チェック 型へ前進した分野もあったが土光臨調の三公社民営化「民間 活力」提唱した第一次行革審「経済的規制」と「社会的規制」 「規制緩和」から「規制改革」へ「社会的分野」が議論の中?. 『はじめに』によると、筆者は官僚時代は規制改革・行政改革担当大臣補佐官として、その後は現在に至る国家戦略特区ワーキンググループ委員や規制改革推進会議委員・投資等ワーキンググループ座長などとして、規制改革・行政改革の世界にどっぷり漬かってきた人なのだそうだ。筆者は、政府に設置された審議会や研究会は、役所の作る政策プランにお墨付きを与える「予定調和」型が大半であるのに対し、筆者が携わっている会議は、会議の中身が基本的に、会議委員と役所の対決であり、毎回がちゃぶ台返しの連続で、エキサイティングな「真剣勝負」の場だとし、この本では、こうした場で筆者自身が取り組んできた課題を題材に、「岩盤規制」改革の実像をお話ししたいとしている。 まず筆者は第1章で加計問題について、国家戦略特区WG委員として直接の当事者だった自分からみると、真相は全く異なるとして、その問題の背景とプロセスを紹介したうえで、「一連のプロセスで、総理の友人関係は何の関係もなく、利益誘導など存在しようがない」として疑惑を否定するだけでなく、よほどこうした疑惑追及が腹に据えかねているのか、その後の各章でも再三にわたってこの問題を取り上げている。ただ、筆者も「政府側の答弁は説明が足りず、何か隠し事をしているかのようにみえることがあった」「総理秘書官が加計学園関係者に懇切丁寧なアドバイスをしたのは、悪気がなかったとしても不適切だ」などと認めているように、総理の側近や官僚が、首相の長年の友人に関する案件ということで、通常の案件ではあり得ないような関与をしたこと、そうした関与について何か隠し事をしているかのような答弁しかできなかったことが、「裏に何かあるのでは」と思われ(実際に、筆者のあずかり知らないどこかの段階で、何かがあったのかもしれないが)、いつまで経ってもこの問題が収束しなかった理由だとは思う。 それはさておき、筆者は本書のテーマである岩盤規制の改革が進まない問題点として、業界・政治・行政の三者が一体となって既得権益を守ろうとする「鉄のトライアングル」の存在と、事前規制型から事後チェック型行政体系への転換の遅れの二点を、再三にわたって指摘している。しかも筆者は、この二つの問題点は一体であり、事前規制型から事後チェック型行政体系への転換が進まない理由は、「事前規制」が官僚にとって業界のコントロールができる権力の源泉そのものであることとともに、「事前規制型」は業界団体や族議員にとっても都合がよく、「鉄のトライアングル」で強力に支えられていることを挙げ、そうした構造が本来あるべき政策を歪め、日本の経済成長・飛躍を阻んできたことを、さまざまな実例で明らかにしている。また、同様の問題を抱えていた各国と比べ、日本で規制改革が遅れた理由として、トライアングルの一角である官僚機構が、各国に比べ、突出して強かったことも指摘している。筆者は、最終第8章の未来の課題においても、伝統的な日本の「事前規制」型行政からの転換を急がなければならないとしているのだが、その一方で『おわりに』では、AIとビックデータ活用で、「政府は全知全能ではありえない」という大前提を根こそぎひっくり返してしまう可能性もあるとし、この本ではずっと、「事前規制型から事後チェック型へ」などと話してきたが、それもあくまで「たぶん」であり、これからの技術の革新、社会の大変革の中でどうなるかわからないとし、状況が変わればさっさと方針転換して未来に向うことが求められる、これから未来に向けて、どんな政府が必要か、答えは、おそらく当面は、「アジャイルな(俊敏な)政府」だと思うとまとめている。それまでの議論は一体何だったのかと突っ込まれかねないまとめではあるのだが、示唆に富んだ、非常に面白い見方だと私は思った。