米韓同盟消滅 (新潮新書) characters Å 9

review 米韓同盟消滅 (新潮新書)

米韓同盟消滅 (新潮新書) characters Å 9 ✓ ❴Epub❵ ❥ 米韓同盟消滅 (新潮新書) Author 鈴置 高史 – Dcmdirect.co.uk 北京・天安門上で自ら望んで独裁者に囲まれた朴槿恵。露骨な親北政策を展開する文在寅。二人の大統領に共通するのは、国際??の傘に入れるかICBMを放棄するフリカルト集団とは話し合えない米中経済戦争が勃発 「民族の核」に心躍らせる韓国人 ミサイル潜水艦が欲しい北朝鮮韓国は年以降に配備左派政権も原潜に意欲「鋼鉄の雨」と「ムクゲノ花」北に支配される南 第章 「外交自爆」は朴槿恵政権から始まった 「米中を操る」という妄想 朴槿恵時代に根腐れした同盟二股外交を説いた親米派THAADで裏切り米国の警告米軍の機密を中国に渡せ馬耳東風の朴槿恵 どうせ属国だったのだ 中国人を見下していた韓国人ニンニクの報復は携帯「不都合な中国」は報じない「チャングム」に見る事大主義漢民族とはいい関係香港並みの礼遇に 明清交代のデジャヴ 「損切りはない」との奇妙な確信清に逆らった愚かな朝鮮THAADも城郭も米国の助っ人は日本にやらせろ二股外交は限界同盟をどぶに捨てた映画に正解を求める国民 「韓国の裏切り」に警告し続けた米国 金泳三時代から機密漏洩北の将軍とも情報共有金融でお灸格付けが下がるぞ為替操作をやめさせる放蕩息子の帰還 第章 中二病にかかった韓国人 疾風怒濤の韓国 国民国家として青年期韓国でも使う「中二病」自分には「隠された力」世界?. 非常にわかりやすく過去から現在までの韓国の立ち位置、中国との距離感、日本やアメリカに対してどう思い、何を考えているかがよくわかりました。やはりまともな付き合いができない国であることがよくわかりました。非常にお勧めの一冊です。

鈴置 高史 é 9 Read

?の国に民主化でも日本より上世界大革命のつ全身に回った毒 「反日」ではない、「卑日」なのだ サッカーも経済も上手「メキシコは貧乏だ」日本は落ちて行くだけ卑日ショーでうっぷん晴らし被害者は上の存在民主党でさえスワップ打ち切り 墓穴を掘っても「告げ口」は止まらない 植民地帝国で帝国主義批判離米従中の言い訳に「慰安婦」にしがみつく「日本ブランド」が悔しい あっさりと法治を否定 産経記者を起訴不愉快だから有罪外交的に損だ汚物を投げる韓国人事件を予言していた国務省米国にあてつけ小児病的な反日モンゴルよりも遠い韓国幕引きも法治不在 第章 「妄想外交」は止まらない 儒教社会に先祖返り 訴追にない案件で罷免憲法を守る意思がないから違憲戒厳令も準備韓国革命への省察これこそが儒教的な法治窮屈な洋服を脱ぎ捨てる朝鮮日報にも言論弾圧 韓国人をやめ始めた韓国人 もう、疲れました韓国は未開社会だ人間ではなく犬豚国軍よ立て 拍手した朝日新聞 専門家だから「本当のこと」は言わない 〝トンデモ本〟韓国の顔色を見て日本で発言韓国から資金援助外務省も変更分析北朝鮮に忖度する人々 あとがき――中二病は治るの?. 過去の歴史、現在の状況から線を引いた時に指し示す一つの方向を説得力を持って書かれている。その結果、どういう姿が現出するのか想像もできないが、それを知恵を絞って考えねばと思わせる何かがある。

Free download × E-book, or Kindle E-pub é 鈴置 高史

米韓同盟消滅 新潮新書北京・天安門上で自ら望んで独裁者に囲まれた朴槿恵。露骨な親北政策を展開する文在寅。二人の大統領に共通するのは、国際情勢を自国の都合で手前勝手に解釈した、国力に見合わない「妄想外交」だ。反米反日自我肥大を昂進させている韓国の「中二病」的世論の支持を得ても、その帰結は「米韓同盟の消滅」と「中国の属国」への回帰に他ならない──。朝鮮半島情勢「先読みのプロ」が描き出す冷徹な現実。 はじめに――日本が大陸に向き合う日 第章 離婚する米韓米韓同盟を壊した米朝首脳会談 「ミュンヘン会談」と悲鳴在韓米軍も撤収へテレビを通じ意思を確認「韓国は中国の一部」同盟を破棄して核戦争を防ぐ北側に立った文在寅韓国を叱責したトランプ米国への憎悪をあおった左派青瓦台も「同盟打ち切り」「本当に統一したいのか」国民は北との宥和を支持転向を宣言した親米保守 「根腐れ」は世紀末から始まっていた 異なる道を選んだ日韓ヤンキーが戦争を始める軍や財界にも反米派マッカーサー像に放火%が「北を信頼」割が「米国より中国」朝鮮は戦略的価値なし気乗りのしない同盟 北朝鮮は誰の核の傘に頼るのか つのシナリオ北は米国の?. 著者鈴置氏が連載している日経オンラインのコラムをギュっとまとめた本といえる。私が鈴置氏のwebコラムを読み始めたのは6年前。当時コラムに「韓国は米韓同盟を捨て中国に走る」「韓国は北朝鮮の核を使って核武装を望んでいる」と書いてあったのを私は疑いを持って読んでいた。上の2つの事項はまともな国家理性があれば、選択しないから。選択すれば、弱小国韓国は大国アメリカから軍事・経済で締め上げられ地獄に行くのは明白。しかし・・・・そして6年後の今、鈴置氏のコラムに書いてあったことが起き、または起きようとしている。「まともな国家理性があればしないこと」を敢えてする韓国の理由が本書に端的に示されている。