review 違和感の正体 (新潮新書) Ñ eBook or Kindle ePUB

summary 違和感の正体 (新潮新書)

review 違和感の正体 (新潮新書) Ñ eBook or Kindle ePUB Ù [Reading] ➭ 違和感の正体 (新潮新書) ➵ 先崎 彰容 – Dcmdirect.co.uk 「正義」の耐えられない軽さ 国会前デモ、絶対平和、道徳教育、反知性主義批判、安心・安全――メディアや知性主義批判、安心・安全――メディアや知識人が好む「正義」はなぜ?. 先ごろの東京都知事をめぐるマスコミの異常なバッシングは、まさしく「ものさし不在」の時代における「引きずり降ろし」症候群そのものだった。本書はそれを見事に予見している。

read ´ eBook or Kindle ePUB ´ 先崎 彰容

「正義」の耐えられない軽さ 国会前デモ、絶対平和、道徳教育、反知. 菅政権が日本の社会科学系学界の摩訶不思議な「人事の妙」というパンドラの箱を突いてしまい、メディアが騒いでいます。野党がまた拒否された学者を呼んでインタビュー、いつものやってるぞ感のパフォーマンスを繰り返しています。憲法学会や政治思想学界って、何か役に立っていましたっけ?現在のこれらの分野の学者で世界に誇れるような思想や理論を世に問うた人って、いましたっけ?国会前で首相を罵倒し、罵詈雑言を尽くす最高学府の学者さんを見るたびに、もっとマトモなこと(たとえば国際的に価値のある英語研究論文を発表して日本の大学ランキングを上げるとか)に時間とエネルギーを使ったらとうんざりしていた身には、アッそうだったのかと納得の内容でした。本書の著者の「診断」は深い学識をベースにしながらも、それらを自らの体験、そして身体の中に肉化して、著者の内面の言葉になっており、薄っぺらさがありません。ただ、後半部分はその体験があまりに生々しいせいか、筆が滑っているように思われ、読み辛い。しかし、それにしても、やっとまともな政治思想家が登場しました。もちろん、現行学会ではメインストリームではないでしょうが。

先崎 彰容 ´ 3 read

違和感の正体 新潮新書??はかなのか。騒々しいほどに「処方箋を焦る社会」へ、憂国の論考?. 新しい保守主義のしっかりとした筆者の見解に共鳴した。歴史の時間軸をしっかりともって、現代の政治現象を分析する視点は鋭い。