Free read とてつもない日本 (新潮新書) 106

characters とてつもない日本 (新潮新書)

Free read とてつもない日本 (新潮新書) 106 Ù [Download] ➶ とてつもない日本 (新潮新書) By 麻生 太郎 – Dcmdirect.co.uk  祖父・吉田茂は、私が幼い頃、よくこんなふうに語っていた。「日本人のエネルギーはとてつもないものだ。日本はこれから必ずよ??」 。 日本の底力はまだまだ凄い「この国の底力を信じてみようじゃありませんか」. 随分前に購入しましたが 今回 自民党総裁選が始まり 早速 安倍叩きを始めた朝日に憤りを隠せず投稿します。朝日や当時のマスコミは「コンナに優秀だった麻生太郎氏」の何を国民に伝えたのでしょう?只 闇雲に「潰し」に掛った。自分達マスゴミ)に都合が悪いからと言う理由で。今の情けない民主党政権の陰で麻生氏は海外とのコンタクトを続けている。海外では既に「問責決議を受けた野田氏」を信用して居ない。麻生氏のパイプで今の日本は未だ救われている現況を再確認して頂きたい。本書を読むと「日本人で良かった!」と心が暖かくなる。そして必ず「日本は再び羽ばたく」と信じる事が出来る。御一読をお勧めします。

麻生 太郎 Ã 6 Read & Download

ーはとてつもないものだ。日本はこれから必ずよくなる。日本はとてつもない国なの?. 著者の豪快な文章が最初から最後まで貫かれている。しかし内容は緻密で、奥深いところまで掘り下げられている。外務大臣の経験が十分に活かされた内容であると言え、外交の話題を中心に展開されている。中央アジアとの外交が我が国のキーポイントであり、我が国が他国に対する実績、周囲の国々からの期待、今後の展望まで鮮やかに描かれている。そして日本の若者の文化(ファッション、アニメ、漫画等)がいかに海外に誇れるものか、海外に影響を与えているか。たしかに我々が他国に対して誇れるものは沢山あると思う。ただし、現実に起こっている格差問題、特にワーキングプアに対する問題に対する麻生氏の意見も個人的にはもっと知りたいと思った。この問題は、「格差社会」の良い点だけを見て容認出来る問題ではないと思うからである。深刻な生活苦に陥り、血で血で洗うような憂き目にあっている人にとっては、いくら外交良し、文化良しでも、そんな事を言われたって心に響くものは何も無いと思う。全体的な後読感は良く、麻生氏の持ち味が存分に活かされた力作であると言えよう。

Download ↠ PDF, eBook or Kindle ePUB Ã 麻生 太郎

とてつもない日本 新潮新書 祖父・吉田茂は、私が幼い頃、よくこんなふうに語っていた。「日本人のエネルギ.