Stand up Japanese (Mass Market Books) (2003) ISBN: 4106100452 Japanese Import Read & Download ò PDF DOC TXT or eBook

Read Stand up Japanese (Mass Market Books) (2003) ISBN: 4106100452 [Japanese Import]

Stand up Japanese (Mass Market Books) (2003) ISBN: 4106100452 [Japanese Import] Read & Download ò PDF, DOC, TXT or eBook à [PDF / Epub] ☉ Stand up Japanese (Mass Market Books) (2003) ISBN: 4106100452 [Japanese Import] ❤ マハティール モハマ??イスラム教 パレスチナ紛争は宗教対立ではない テロは許せない 領土を拡張してきたヨーロッパ人 イラク戦争の誤り ネオコンに対する危惧 日本人よ、盲従するなかれ 第章 富める者の責任 真のグローバリゼーションとは 節度ある規制を 「地球税」が世界を救う 民主主義は絶対ではない 途上国の声に耳を傾けよ 自らの足で立ち、闘うということ 解 説 アジアの哲人宰相加藤暁子 マハティールの素顔少年時代と植民地親日家の横顔 マレーのジレンマ強力なリーダーシップ引き際の美学 教育と家族アジアと世界の未?. 明治150年。いろんなことがあったけど。東洋唯一のG7先進国、日本があるのは、ご先祖さまのおかげですね。アジアの人たちのためにも「立ち上がれ日本人」は、加藤暁子さんの強い思いでもあるんだろうなぁ。2年後の後継者は大丈夫なんだろうか。マレーシア航空機が失踪撃墜なんて起きなくなるんだろうか。「世界は西側の価値観に支配されている。メディアはその最たるものだ。日本のメディアは欧米のメディアに左右されることなく真実の報道をしてほしい」トランプ後の世界情勢も含む「立ち上がれ日本人」続編を出してほしいです。21世紀はアジアの時代だ。

Free read Î PDF, DOC, TXT or eBook ï マハティール モハマド

?て伝えたいこと 第章 ルック・イースト――日本への憧れ アジアはいつも日本を仰いでいた 「自由貿易」という圧力 新たなる「植民地化」の危機 「日本株式会社」の素晴らしさ アジアは欧米にあらず 今こそ強力なリーダーを 第章 教育こそ国の柱 知識教育を怠るな 科学的思考の重要性 宗教教育と道徳 フリーターが国を滅ぼす 若者よ、愛国心を持て 家族の役割 第章 中国に怯えるな 中国は脅威か ASEANと日本の優位性 巨象を軍備に走らせるな 中国はチャンスだ 第章 日本人こそイスラム世界を理解できる 誤解され?. マハティールさんは1998年アジア通貨危機の混乱を固定相場制という政治的賭けを打って収束した後、2002年に首相を辞任しました。この本は口述筆記をもとに2003年に発刊されました。マハティールさんは2018年前政権の不正行為を糾弾するため選挙に立ち、93歳の高齢ながら見事に首相に復帰されました。16年経ってこの本をどう読むかは人ぞれぞれ勝手ですが、時間は逆戻り出来ません。マハティールさんお得意の「内科医のやりかた」に沿えば、日本は手遅れですと診断するかもしれません。なぜなら人口減少という元の原因に有効な手を打てずに、「False Dawn偽りの夜明け」に終始しているからです。日本の未来の資源を先食いして、”今は明るいが、この先長く暗い夜”にしてしまった政治家と取り巻きのエコノミストを責めても意味はないでしょう。政治は賭けと言うことを、マハティールさんこそ最も理解しているはずです。ただし、戦後、平和憲法の下で日本がアジアに貢献して来たことの評価は、彼が言うように胸を張っていいと思います。私はリタイア後マレーシアに住んでいるので、是非マハティールさんに聞いてみたい質問の答えのいくつかがが見つかりました。人としてどうあるべきか?>知識は教育を通して得られるものです。それも学校教育だけでなく、生涯を通じて勉強を続けることが必要です。私たちは日々学び、その知識を毎日活用していかなければならないのです。本を読み、経験を積み、人と話し、その話を注意深く聴く能力は、何にも増して大事なものです。そしてシンポジウムやセミナーに参加し、議論をすることで得た情報が知識となります。知識とは、情報を自らのものとして吸収することです。グローバリゼーションとは?>豊かな国々は、貧しい国々を助けることが重要です。マレーシア自身が、まさにそれを経験しています。日本をはじめとする豊かな国が私たちに投資し、富んだ市場を形成することで、私たちは豊かになりました。この経験を踏まえてマレーシアは、「隣人を富ます政策」を採用しています。プミプトラ政策をどう思う?>約30年にわたって進めてきたマレー人優遇政策でマレー人の企業家が育ち、カネを選挙民にばらまくことが日常化してしまっているのが現実だ。日本人にアドバイスするとすれば?>私は日本人は他国の人と接するとき、もっと打ち解けた方がいいと思う。正直言って、日本人が何か話しても、それが何を意味するか本当のところ確信がもてない。日本人が『イエス』と言っても、それは肯定を意味していない。これによって日本と他国の関係を難しくする。マレーシアで生活する上で参考になります。

マハティール モハマド ï 4 Free read

Stand up Japanese Mass Market Books 2003 ISBN 4106100452 Japanese Import日本は、いつまでアメリカの言いなりになり続けるのか。なぜ欧米の 価値観に振り回され、古きよき心と習慣を捨ててしまうのか。一体、 いつまで謝罪外交を続けるのか。そして、若者は何を目指せばいいの か――。日本人には、先人の勤勉な血が流れている。現代日本に過去の 栄光を取り戻させるのは、強いリーダーと愛国心だ マレーシアの 哲人宰相が辞任を期に贈る、叱咤激励のメッセージ。 目次 訳者まえがき 序 章 Stand up MOBI #181 日本人よ誇りを持て 日本に学んだこと 日本人よ自信を取り戻せ 辞任にあた?. 青年海外協力隊でマレーシアに派遣され、3年間過ごした時、まさにマハティール氏が首相だった。その当時自分も若く初めての海外経験で右も左も分からない状態だった。今になり彼の考え方等を目の当たりにして、ものすごく偉大な指導者やったんやなと感じました。自分の子どもたちにこの本を読んで欲しいと思います。加えて、今の政治家には特に。