CHARACTERS ¶ 患者になった名医たちの選択 (朝日新書)

REVIEW · DCMDIRECT.CO.UK Ñ 塚崎 朝子

REVIEW · DCMDIRECT.CO.UK Ñ 塚崎 朝子 ?打ち勝った人生を他者のために・・・肺がん ――高橋修・医療法人平和会平和病院横浜市緩和支援センター ●「思いがけぬ」がんで新境地・・・腎臓がん ――船戸崇史・医療法人社団崇仁会船戸クリニック岐阜県養老郡養老町院長 【第章】からだの機能が失われる中で ●難病ALS発症も人の役に立ち続ける・・・筋萎縮性側索硬化症ALS ――大田守武・NPO法人Smile and Hope 理事長 ●視力失われる中で精神科医になる決断・・・網膜色素変性症 ――福場将太・美唄すずらんクリニック北海道美唄市副院長、江別すずらん病院北海道江別市精神科医 ●代でキャリア一変する難病に・・・パーキンソン病 ――橋爪鈴男・社会福祉法人桑の実会くわのみクリニック埼玉県所沢市院長 【第章】命をつないでくれた人のために ●兄が提供してくれた肝臓が命をつなぐ・・・B型肝炎から肝がんに ――佐藤久志・福男県立医科大学医学部放射線腫瘍学講座講師 ●歳目前で白血病 骨髄移植に賭ける・・・白血病 ――原木真名・医療法人社団星瞳会まな?.  執筆した医師の方たちの心情がとてもよく

FREE READ 患者になった名医たちの選択 (朝日新書)

CHARACTERS ¶ 患者になった名医たちの選択 (朝日新書) È [PDF / Epub] ☃ 患者になった名医たちの選択 (朝日新書) ✑ 塚崎 朝子 – Dcmdirect.co.uk がん、脳卒中からアルコール依存症まで、 さまざまな重い病気にかかった名医たちが選ん がん、脳卒中からアルコール依存症まで、 さまざまな重い病気にかかった名医たちが選んだ 「病気との向き合い方」をベテラン医療ライターがルポ。 名医たちの闘病法の中に必ず読者が「これだ」と思う療養のヒントがある。 帚木蓬生氏精神科や『「空腹」こそ最強のクスリ』の青木厚氏も登場。 目次より 【第章】突然の一撃に見舞われて ●「走る整形外科医」が片麻痺に・・・高血圧性脳出血 ――丹野隆明・松戸整形外科病院千葉県松戸市院長補佐・脊椎脊髄センター長 ●人生度の命を脅かす事態・・・脳出血・心筋梗塞 ――葛西龍樹・福岡県立医科大学医学部地域・家庭医療講座主任教授 ●針刺しでB型肝炎に。死と生思う・・・医療事故によるB型肝炎 ――荒井保明・国立がんセンター理事長特任補佐、中央病院放射線診断科・IVRセンター医師 【第章】がんと向き合う医師が、がんに ●自らの乳がんを発見し診療に生かす・・・乳がん ――唐澤久美子・東京女子医科大学医学部長、放射線腫瘍学講座教授・講座主任 ●がん?. 医師も人間なのでいつかは病に倒れることが

塚崎 朝子 Ñ 1 CHARACTERS

患者になった名医たちの選択 朝日新書?どもクリニック千葉市院長 【第章】心の声に向き合って ●歳で「男としての自分」に違和感・・・性同一性障害 ――松永千秋・ちあきクリニック東京都目黒区院長 ●「アル中医師」が「アル中患者」を診る・・・アルコール依存症 ――河本泰信・よしの病院東京都町田市副医院長 【第章】病が開いた新たな治療法 ●「糖質制限の伝道師」の原点・・・型糖尿病 ――江部康二・一般財団法人高尾病院京都市理事長 ●がん予防法探し「簡潔断食」に出会う・・・舌がん ――青木厚・あおき内科さいたま糖尿病クリニックさいたま市院長 【第章】がんが豊かにした人生 ●医療開業年目、突然白血病に・・・白血病 ――森山成彬作家・帚木蓬生・通谷メンタルクリニック福岡県中間市院長 ●順風満帆の中、ステージのがん宣告・・・悪性リンパ腫 ――井埜利博・医療法人いのクリニック埼玉県熊谷市理事長・院長 ●人生が分のなら倍以上働き遊ぶ・・・胃がん ――嶋元徹・嶋元医院山口県大島郡周防黄島町院長、大島郡医師会会長当?. 本人が書いていないので、あまり心に響かな