Free download 学校ハラスメント 暴力・セクハラ・部活動ーなぜ教育は「行き過ぎる」か (朝日新書) ä PDF eBook or Kindle ePUB free

Free download ´ PDF, eBook or Kindle ePUB free ¶ 内田 良

学校ハラスメント 暴力・セクハラ・部活動ーなぜ教育は「行き過ぎる」か 朝日新書?? ハラスメントの何が問題なのか 加害者は何を語る おびえる教師のいま 第章 部活動顧問の嘆き――「やって当たり前」の悲劇 改革が始まった 部活動が大好きだからこそ 第章 教師の暴力被害――殴られるのは指導力不足のせい⁉ 暴力被害を封印する職員室 教育の限界 教師間いじめ 第章 「問題行動」を読解するためのリテラシー――いじめの件数は少ないほうがよい⁉ いじめ件数の誤解 知られざる教師の暴力被害件数 おわりに 教育を語るために教育から抜け出?.  学校という空間は、当然、教育という重要な役目を持っているのですが、 外界とは隔離され、ある種の閉ざされた特殊な世界といえなくもありません。 さらに著者によると、教育というのは、教育する側の者を虜にするある種の魅力が潜んでいるようなのです。 本書のタイトルは、「学校ハラスメント」となっています。 一般的にハラスメントといえば、先生から生徒へのものを連想しますが、 実は、生徒から、あるいは保護者からのハラスメントも少なからず存在するようです。 さらに先生同士にもハラスメントは存在します。 先生によるよく知られているハラスメントとしては、体罰、そしてわいせつ行為が考えられますが、 前者は、処分の件数は多いようですが、 懲戒免職の数は、教育的指導の一環として考えられる場合もあり、比較的少なく、 後者は、それが、指導の一環としては考えられないので、厳罰化されることが多いようです。 本書では、従来のハラスメントの枠にとらわれることなく、 あらゆるハラスメントを実例を示し、問題を指摘し、 さらには、教師にとって悪夢にもなっている部活動の問題点なども指摘し、 学校教育をいかに開かれた過ごしやすい環境にするか、 その改善方法にまでメスを入れていて、非常に興味深い内容になっています。 

Summary 学校ハラスメント 暴力・セクハラ・部活動ーなぜ教育は「行き過ぎる」か (朝日新書)

Free download 学校ハラスメント 暴力・セクハラ・部活動ーなぜ教育は「行き過ぎる」か (朝日新書) ä PDF, eBook or Kindle ePUB free ´ ➹ [Download] ➵ 学校ハラスメント 指導のつもりでの「セクハラ」、処分がゆるすぎる「体罰」、 感動で我慢を強要する「組み体操」、休む権利がはく奪される「部活動」、 公表されない「教師への暴力」。 なぜ学校では、問題がいつも「隠れる化」するのか。 そして教育現場で起きる問題は教師だけが悪いのか――。 「教育・指導の一環」」「指導力の欠如」を理由にかき消されていく、 数々の「ハラスメント」。 理不尽がはびこり、誰もが被害者にも加害者にもなり得る学校を舞台とした「リス. 小学校教員として、学校の中でいじめやハラスメント、暴力を見てきました。それらから、目をそらさずに向き合ってきたつもりです。が、この書を読み終えると、まだまだ向き合う事実や課題があったことに気づかされました。

内田 良 ¶ 5 Free download

ク」に、いま最も注目されている「金髪学者」が切り込む。 目次 はじめに 加害者被害者を解体する 第章 殴っても「教育」――暴力を容認する指導の論理 道徳教育のタブー スポーツ指導における暴力 「正しい行為」としての暴力 第章 巨大組み体操の教育的意義――「痛い」を禁句とする学校の暴走 やめられない巨大組み体操 「痛い」からこそ意義がある 第章 スクール・セクハラの過去と現在――「教育」との連続性がありえた時代 見えぬ被害、増幅される苦し?. 以前、内田さんが書いた『教育という病』という新書があったけど、あれから何か論調が変わったのかなあと思ったら、あんまり大差がなかったような印象である。よく似た話がまた出ているという感じ。はじめて内田さんの本を読んだ人には新鮮かもしれないが、内田さんの他の本などに触れた経験があると、やはりインパクトは薄い。また、「ハラスメント」とはそもそもどのような行為、あるいは現象なのか、内田さんなりにもう少し明確な定義があってしかるべきかと思った。たとえば、教師から子どもへの行為と、子どもから教師へという行為と、教師への学校外(保護者、地域社会など)からの行為と、教師間の行為は、そもそも同じ「ハラスメント」という言葉でくくっていいものなのかどうか。また、同じ言葉でくくるとしても、そこに示されている行為のもつ意味にはさまざまなちがいがあるのでは? あるいは、教師への学校外からの行為は「ハラスメント」というより「バッシング」と呼ぶほうがいいかもしれない。その他、内田さんは「カテゴリに縛られることなく、まずは人の痛みに目を向けて」(p117)というが、「痛みに目を向ける」というのも「カテゴリ化」のひとつの方法かもしれない。なにしろ、そこに「被害を訴えている人がいる」ということになり、ここから「何がその被害を生み出しているのか?」というかたちで「加害」というカテゴリを生む側面があるのではないかとも言えるから。こんな感じで、あれもこれも「ハラスメント」とくくってしまうことで、かえって「消える」ものや、「わからなくなること」もあるような気がする。あるいは、さまざまな立場のちがい、現象のちがいを吟味することなく、ただ「人の痛み」に注目する議論のかたちをとることで、かえって混乱を生んでいるような印象も受ける。だから内田さんが「見える化」のつもりで本書でやったことも、かえって「消える」ものや「わからなくなること」を生み出したとすれば、やはり、本書の議論自体をどこかで反省的にとらえ直す必要があると思う。だから、本書で言いたいことは分からなくはないのだけど、やはり物足りないなあというのが印象です。